人気ブログランキング |
タグ:吾妻山 ( 55 ) タグの人気記事

2010年 03月 30日
吾妻山(雪洞合宿) ~ 2010年3月20日・21日(その1)
f0170180_862168.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年3月20日(土)・21日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      20日晴れ・21日曇り
参加者    7名(L:和○さん・河○さん・鈴○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・トラ山)
行程      20日 駐車場9:10~登山口9:31~磐梯吾妻スカイライン10:50~水飲場10:59~
             山鳥山12:24~井戸溝12:52~山荘分岐13:34~雪洞地点13:55
         21日 雪洞地点8:56~五色沼(大岩)9:50~慶応山荘10:39~山荘分岐10:52~
             元吾妻スキー場トップ11:20~休憩11:42-12:01~駐車場12:21
行動時間   20日4時間45分・21日3時間25分(休憩等含む)
移動距離   20日6.2km・21日8.2km 計14.4km
累積標高差 +1,233m -1,214m
============================================================

3月20日からの3連休は雪洞訓練が福島登高会の山行として計画されていた。
2泊3日の山行で20日に横穴式、21日に竪穴式の雪洞を予定している。
まだ雪洞経験が無い自分はなんとしても参加したかった。
仕事やら何やらやりくりして参加することに。
家族よスマン(笑)

当初の案では天元台から東大巓、家形山から高山を経て土湯までの縦走となっていた。
しかし天気予報で21日は大荒れの天気になるといっている。
そのため荒天時のエスケープを考え、高湯~五色沼~高山~土湯のいわゆる高山下りルートに変更となった。
山行自体を中止にはせず、荒天時は荒天時なりの対処を考えるのも登山ということなのだ。
いざとなれば20日も21日も山小屋に避難できるルートになっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-30 07:02 | 山スキー | Comments(4)
2010年 03月 06日
吾妻山(天元台・大沢下り) ~ 2010年2月28日
f0170180_1016428.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月28日(日)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    8名(L:和○さん・小○さん・河○さん・牧○さん・杉○さん・石○さん・加○さん・オイラ)
行程      天元台湯元駅8:55=天元台駅=リフト終点9:31-9:43~人形石10:23-10:34~明月荘11:45-12:10~
         渋川13:13-13:25~砂盛13:36-13:50~吾妻山麓放牧場14:49~大沢・大小屋15:16=天元台
行動時間   5時間33分
移動距離   17.9km (沿面距離)
累積標高差 +489m -1,882m (GPS計測)
============================================================

28日は2周続けての天元台へ。
この日は大沢下りコースだが、もちろん初めてのコース。
早朝、加○さんを乗せ出発して少したってオーバーズボンを履いてこなかったことに気づく。
すぐ自宅に戻りオーバーズボンを履いたが、こんなことは初めてだ。
途中で他のメンバーと待ち合わせ、計4台で向かう。
デポ車が必要なので、8人だと4台になってしまうのだ。
天候は曇りだが、予報では回復傾向にあるらしい。
山だから風とガスさえ無ければ儲けものという気持ちでいればいい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-06 10:49 | 山スキー | Comments(10)
2010年 02月 22日
吾妻山(天元台・大平コース) ~ 2010年2月20日
f0170180_23295823.jpg

============================================================
山名      中大巓(1,963.6m)
山行期間   2010年2月20日(土)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    天元台
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・鈴○さん・石○さん・オイラ)
行程      ロープウェイ湯元駅8:48=天元台駅9:03=リフト終点9:34-9:46~人形石10:33~藤十郎手前コル11:19~
         間々川渡渉点12:52~1393ピーク13:25~不忘閣跡13:58~大平分校記念館14:51
行動時間   5時間5分(休憩等含む)
移動距離   15.0km
累積標高差 +308m -1,674m
============================================================

20日は天元台から山スキーのクラシックルートである大平コースへ。
大平分校記念館に車をデポし、4人で天元台スキー場のロープウェイ湯元駅へと向かう。
駐車場で石○さんと合流。
切符をロープウェイ片道750円+リフト3回1,350円の合計2,100円購入。
ロープウェイは湯元駅920mから天元台駅1,350mまでの標高差430mを登る。
それからリフト3本でゲレンデトップの1,820mまで上がる。
天元台スキー場は標高が高いだけに雪質が良い。
この日もサラサラのパウダースノーだった。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-22 07:41 | 山スキー | Comments(2)
2010年 02月 11日
吾妻山(高湯から五色沼) ~ 2010年2月5日
f0170180_20522590.jpg

============================================================
山名      家形山(1,877m)
山行期間   2010年2月5日(金)
山行形態   山スキー
山域      吾妻連峰
地形図    板谷・土湯温泉・吾妻山
天候      曇り
参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・柳○さん・石○さん・オイラ)
行程      除雪終了点8:13~磐梯吾妻スカイライン9:13~水飲場9:25~賽の河原10:10-10:21~
         山鳥山10:34~井戸溝11:05~慶応山荘分岐11:33-11:43~大根森12:17~五色沼(大岩)12:56~
         五色沼(不動沢右俣上部)13:04-13:16~慶応山荘13:45-14:00~慶応山荘分岐14:09~
         井戸溝14:23~山鳥山14:40~元吾妻スキー場トップ14:56~磐梯吾妻スカイライン15:13~除雪終了点15:33
行動時間   7時間20分(休憩等含む)
移動距離   14.0km
累積標高差 +1,102m -1,122m
============================================================

2月5日(金)は高湯温泉から家形山を目指した。天気は曇りだが、上の方は雪雲の中だ。寒気が入り前日から雪が降っていたので、いやがうえにもパウダースノーへの期待が高まる。高湯温泉は磐梯吾妻スカイラインの入口でもある。もちろん冬期間は閉鎖なのだが、料金所の300mほど先までは除雪されているので、そこに駐車するため向かう。しかし、ちょうど料金所の上を除雪作業中だったのでしばらく待つしかなかった。

除雪車が折り返してきたのを見て車を進め、除雪終了点でUターンして車を路肩に寄せた。平日ということもありまだ他には誰も来ておらず、オイラ達の車2台だけだ。吾妻スキー場が3年前に閉鎖となってから、山スキーのクラシックルートである高湯~吾妻小舎~高山~土湯温泉はハードルが高くなり歩く人も少なくなったという。いずれにしても以前のことを知らないオイラにとっては、初めてのルートなので心躍るばかりだ。準備をして除雪終了点の雪を乗り越えるといよいよスタートだ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-02-11 00:03 | 山スキー | Comments(6)
2010年 01月 22日
吾妻山(西吾妻山から二十日平) ~ 2010年1月20日
f0170180_175555.jpg

20日はオイラにとって3回目の山スキー。
天気予報では午後から崩れるとのことだったが、日中はまあまあ好天だろうとを期待して西吾妻山(2,035m)へと向かった。
西大巓(1,981.8m)の北東斜面を西吾妻山へ滑り下りるあたりまでは天気も良かったのだが…
西吾妻山へ登る途中で天気は荒れはじめ、昼食は雪を掘りツェルトを被って食べる羽目になった。
その後は滑降を楽しむどころではなく、ホワイトアウトの世界にルートミスしないよう緊張が続く。
ホントなら滑降する斜面を、ガス酔い状態でこけつまろびつやっと下ってきた。
いや~疲れましたホントに。

※デジカメの調子が悪く露出オーバーで白飛びの画像ばかり。露出をアンダーに設定しておくべきなのか?

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-01-22 04:03 | 山スキー | Comments(2)