人気ブログランキング |
タグ:小阿寺沢 ( 6 ) タグの人気記事

2018年 07月 29日
蔵王・小阿寺沢で沢トレーニング ~ 2018年7月22日
f0170180_12220595.jpg


沢登り初心者のトレーニングとの要望があり、蔵王の小阿寺沢を遡行することにした。以前は毎年来ていた小阿寺沢だが、記録を見ると4年ぶり7回目になるようだ。小阿寺沢は入渓も下山も容易な比較的コンパクトな沢だが、適度に滝があり初心者のトレーニングにも向いている。今回は初級者4人、初心者3人での8人パーティーだが、小阿寺沢は自分以外全員初めてとなる。なお、沢慣れたパーティーなら半日での遡行も可能だろう。
歩き方、登り方、スタンスやホールドの見つけ方など、いくらでもレクチャーすることがある。人の話を聞いたり机上学習だけでは単なる知識にとどまるので、自分の体で実体験してもらい経験とすることが重要だ。これまでリードしたことのない初級者にもロープも積極的に扱ってもらうことにした。このところ降雨がないので水量はかなり少なめだったが、初心者トレーニングにはかえって良かったと思う。全体としては充実したトレーニングができたが、途中でバランスを崩して転倒し、指を怪我するというアクシデントがあった。幸い遡行には支障がない程度だったので良かったが、足でも怪我をすると厄介なことになっただろう。沢登りでは何があるか分からないと、あらためて気を引き締める良い機会となった。


山域山名   蔵王・小阿寺沢
山行期間   2018年7月22日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    8人(L:トラ山・W井・O島・H田・A部・S藤(M)・S藤(A)・F井)
行程     登山口9:52~入渓10:02~F1(10m)10:33~F3(2段15m)11:30~F4(7m)13:34~F6(6m)14:41~
       枝沢出合15:00~管理道15:12~スキー場ゲレンデ15:35~登山口16:57
行動時間   7時間5分
移動距離   未計測
標高     未計測
装備     ロープ 30ⅿ×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-07-29 00:00 | 沢登り | Comments(2)
2014年 09月 14日
1年ぶりの蔵王・小阿寺沢 ~ 2014年9月13日
f0170180_1439233.jpg

蔵王の小阿寺沢はアプローチが容易なコンパクトな沢で、初心者のトレーニングに向いている。白峰会で初心者を連れて入るというので、サポートも兼ねて1年ぶりに訪れることにした。こちらは3人パーティー。自分以外の2人は小阿寺沢は初めてだ。なお、自分は毎年訪れており今回で6回目となる。

 山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
 山行期間   2014年9月13日(土)
 山行形態   沢登り
 天候      曇り時々晴れ一時雨
 参加者    3名(L:トラ山・佐○さん・菅○君) ※白峰会パーティー8名と共同遡行
 行程      登山口7:53~入渓8:04~F1(10m)8:30~F4(6m)10:47~休憩11:47-12:23~F6(6m)13:00~
          枝沢出合13:13~管理道13:22~スキー場ゲレンデ13:46~登山口15:16
 行動時間   7時間23分
 移動距離   7.3km (GPS計測)
 累積標高差 不明
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1・20m×1)




続きはこちら

by torasan-819 | 2014-09-14 18:25 | 沢登り | Comments(4)
2013年 09月 08日
新人トレーニングで蔵王の小阿寺沢へ ~ 2013年9月8日
f0170180_3103113.jpg

小阿寺沢は宮城蔵王にある小さな沢だ。小渓ではあるが、手頃な滝もありナメもありで、足慣らしや講習に使うには頃合いの沢といえる。しかし、この沢を遡行するパーティーはけっして多くない。年に数パーティーいるかどうかではないだろうか。自分は毎年小阿寺沢に来ており、今回で5回目(2009201020112012)となる。今年から沢登りを始めたばかりの、○井さんのトレーニングも兼ねて小阿寺沢を訪れてみた。
================================================================================
 山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
 山行期間   2013年9月8日(日)
 山行形態   沢登り
 天候      曇り時々雨
 参加者    3名(L:トラ山・和○さん・○井さん)
 行程      登山口9:06~入渓9:17~F1(10m)9:33~F2(6m)9:58~F3(2段15m)10:08~F4(6m)11:08~
          F5(5m)12:00~F6(6m)12:08~枝沢12:19~10m滝12:40~巻き12:51-13:20~30m滝13:38-14:41~
          ヤブ漕ぎ15:20~登山道15:46~ゲレンデトップ15:56~登山口17:11
 行動時間   8時間5分
 移動距離   7.9km (GPS計測)
 累積標高差 ±815m (GPS計測)
 装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-09-08 20:56 | 沢登り | Comments(18)
2012年 07月 02日
小渓に遊ぶ 蔵王小阿寺沢 ~ 2012年6月30日
f0170180_5453891.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
山行期間   2012年6月30日(日)
山行形態   沢登り
天候      曇り時々晴れ
参加者    3名(L:トラ山・八○さん・Tさん)
行程      登山口10:24~入渓10:37~F1(10m)10:53~F2(6m)11:18~F3((2段15m)11:28~F4(6m)12:20-13:05~
         休憩~F5(5m)13:33~F6(6m)13:38~枝沢13:45~涸れ滝(10m)14:00~岩場下部(20m)14:20-15:06~
         岩場上部(20m)15:09~ヤブ漕ぎ15:36~登山道15:59~休憩~ゲレンデトップ16:17~登山口17:28
行動時間   7時間4分
移動距離   7.7km(GPS計測)
累積標高差 ±840m(GPS計測)
装備      日帰り沢装備(ロープ30m×1)
======================================================================
小阿寺沢はマイナーな沢である。どこにでもあるような沢で、普段は登山者が渡渉するのと釣り人が入るくらいで、いたって静かな沢だ。小阿寺沢を沢登りの対象としてみても、美渓というわけでもないし、見事な滝があるわけでもない。しかし、直登可能な滝、ロープ練習になる滝、シャワーを浴びる滝ありとバラエティに富んでいる。さらに枝沢を詰めれば、大岩帯や高巻きに岩場まであるという、なかなかに内容の濃い沢なのである。また、アプローチも楽で駐車場所にも困らないという、沢シーズン始めのトレーニングとして見れば、うってつけの沢だと思う。それがゆえ、地元山岳会などを中心に地道に登られ続けているのだ。自分は3年前に初めて登って以来毎年訪れ、今年で4回目(2009年2010年2011年)となる。しかし、枝沢まで詰めたのは単独で登った初回だけだ。今回は3人パーティーであり、今登るとあの頃の印象とどう違うのか興味津々だ。
※画像はTさん提供のものも使わせてもらった。同じ場所でも、やはり自分とは違う視点での画像となっている。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-07-02 21:38 | 沢登り | Comments(10)
2010年 07月 16日
小阿寺沢 ~ 2010年7月12日
f0170180_17181483.jpg

============================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
山行期間   2010年7月12日(月)
山行形態   沢登り
地形図    蔵王山
天候      曇り
参加者    2名(L:トラ山・和○さん)
行程      登山口(10:21)~F1(10:49)~F2(11:11)~F3(11:20)~F4(11:59)~F5(12:50)~F6(12:55)~
         支沢分岐(13:03)~管理道(13:37)~スキー場ゲレンデ(13:49)~登山口(14:47)
行動時間   4時間26分
移動距離   約6.5km(図上計測)
累積標高差 約+625m -625m(図上計測)
============================================================
蔵王の沢である小阿寺沢には昨年単独で登った。今年は和○さんと2人で行ってみることにした。昨年の印象では小振りな沢だが変化があって面白いと感じた。さて1年ぶりの小阿寺沢はどんな顔を見せてくれるだろうか。今日は曇りでそれほど暑くはなく沢登りにはまずまずの天気だ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-07-16 14:54 | 沢登り | Comments(8)
2009年 09月 05日
沢登り~小阿寺沢 ~ 2009年9月5日
小阿寺沢は蔵王連峰の前烏帽子岳と後烏帽子岳に源を発する沢だ。
3日に3人パーティーで登ろうと計画していたが、天候不良のため延期。
5日の今日は予定していなかったが、予報では天気もまずまず、オイラはうずうずで、朝の天気次第で行くかどうか決めることにした。
朝起きたら曇ってはいるが問題ないので行くことに。
急に思い立っての沢登りなのでオイラ一人の単独行。
無理はできないが、行けるところまで行こう。

この沢はネットで調べてもほとんど記録が無かったが、この8月に2つのパーティーが遡行して、各々ブログに掲載した。
我が家からも30分と近い地元の沢なので、これは是非とも登ってみたいと意欲がむくむく湧いていた。
グレードは2級程度との情報もあり、それならオイラでも何とかなるかなと思ったのだが…

9時30分道路脇の駐車スペースに車を停め歩きだす。
すぐに沢へ下りる道があり入渓した。
f0170180_2155266.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2009-09-05 23:47 | 沢登り | Comments(14)