人気ブログランキング |
タグ:山菜 ( 48 ) タグの人気記事

2020年 06月 05日
春の山菜 ~ その10(ワラビ)2020/5/31
春の山菜 ~ その10(ワラビ)2020/5/31_f0170180_00003709.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-05 00:01 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2020年 06月 04日
春の山菜 ~ その9(ウド)2020/5/30
春の山菜 ~ その9(ウド)2020/5/30_f0170180_07194575.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-04 07:39 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2020年 05月 09日
春の渓に遊ぶ・山菜とイワナと ~ 2020年5月5日~6日
春の渓に遊ぶ・山菜とイワナと ~ 2020年5月5日~6日_f0170180_22484898.jpg

5月9日現在、新型コロナの新規感染は減少傾向にあるとはいえ、収束はいまだ見通せない状況にある。経済にも深刻な影響が出ていて、感染対策と経済対策をどのようにバランスさせていくのか、これからが正念場になってくるのだと思う。4月16日に緊急事態宣言が出されて以降、全国的な感染状況を踏まえて5月末までの延長が打ち出された。大きな制約を受けている個人の生活と活動だが、今しばらくの間は続くことになる。たとえ緊急事態宣言が解除あるいは緩和されたとしても、専門家会議が示した「新しい生活様式」というものへは、我々が自ら考え変えて行かなければならないのだろう。新型コロナウイルスがこの世から無くなることは無いのだという。これからはウイルスと共存しながら生活や仕事、様々な活動を継続するためにはどうすればよいのかということを考えるしかない。新型コロナというものが存在する世界で我々はこれからずっと生きて行かなければならないのだ。
感染拡大阻止から個人の活動も大きな制約を受けており、個人の山関係ブログの中には休止しているものもある。不要不急の考え方もかなりあいまいであり人により様々である。当ブログは継続しているが、4月7日にその時点での記事掲載にかかる考え方について掲載した。基本的にその考え方は現在も変わっていない。当ブログは個人の行動記録であり記事のアップは山のことだけに限らず継続するつもりであること、当分の間はトップページは画像1枚だけの掲載にすること、記事タイトルとトップ画像から見たい読みたいと思う方のみ「続きはこちら」から入っていただきたいことの3点である。
自分も新型コロナにかからない、うつさない、負担をかけないを行動原則としつつ、早く収束してほしいと願っている。と同時に新型コロナ以前の世界にはもはや戻れないだろうとも思っている。新型コロナの前と後では世界が変わってしまったと感じている。その中で現在も未来も自分の出来ることをやるだけである。それが山であれ何であれ。


続きはこちら

by torasan-819 | 2020-05-09 11:10 | | Comments(0)
2017年 06月 26日
ウド採り ~ 2017年
ウド採り ~ 2017年_f0170180_11140319.jpg

忙しい中にも時間を見つけては山菜取りをしていた。中でも山ウドは山菜シーズンの終盤を飾るにふさわしい山菜だ。山というものを味で表したものがウドではないかと思えるような、野趣あふれる香りと味わいがする。平地にもあるが崖に近いような急斜面などに良いものが多い。ウドを追いかけていくとついつい厳しい場所に踏み込んでしまうことがある。山菜採りに命を懸けるわけにはいかないので要注意である。自分の場合は例年山スキーが終わってからウド採りをする。その頃平地では既に大きくなって採取対象とはならない。山に入って5月末辺りからの約3週間くらいが自分のウド採り期間になる。残雪が消えたキワ辺りがねらい目である。ウドはほとんど捨てるところがない。根元の柔らかい部分はそのまま生のままかじっても美味しい。さらに味噌があれば最高である。柔らかい茎や葉はみそ汁に入れたり天ぷらや煮物など様々に調理できる。皮が固いところは剥いてキンピラにするとこれがまた美味い。自分は特に煮物とキンピラが好きである。また量が取れた場合は、味噌漬けや塩漬けにすると長く味わうことが出来る。塩漬けして時間がたってもウドの香りはしっかり残っている。そんなウド採りもそろそろ終わりになる。また来年を楽しみにしよう。


ウド採り ~ 2017年_f0170180_11385730.jpg

タグ:

by torasan-819 | 2017-06-26 07:10 | 山菜・木の実 | Comments(0)
2017年 04月 12日
春の香り ~ フキノトウ
春の香り ~ フキノトウ_f0170180_07145170.jpg

平地では既に大きくなってしまったが、山に入ればまだ小さなフキノトウが見つかる。
春を告げる山菜としてフキノトウは格別の香りと味わいがある。
やはり何といっても初めは天ぷらだ。
ほろ苦みのあるフキノトウの風味が何とも言えない。
女房の天ぷらは見てくれはそれなりだが、カラッと揚がっているので箸が進む。
また今度採ってきたらフキノトウ味噌にしてみようか。

春の香り ~ フキノトウ_f0170180_07283752.jpg



by torasan-819 | 2017-04-12 07:29 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2016年 11月 02日
ヤマワサビ
ヤマワサビ_f0170180_435442.jpg

ワサビは多年草で一年中採ることが出来る。もっとも、山に自生しているワサビを積雪期に採ることはほとんどないが。野菜や山菜には旬というものがあるが、ワサビの根は晩秋から冬なのだという。葉や茎の成長が止まるので根の辛味が強くなるといわれている。また、白い花が咲く5月中旬~6月初旬頃が旬という場合もある。葉や茎は初春と初秋に新しい葉や茎に入れ替わるので、柔らかくて美味しいのだ。
先日、山でワサビを採ってきた。めんつゆ漬けにしようと調理しているうちから、あの独特の鼻に抜ける辛味がたってきて涙が出るほどだ。冷蔵庫で一晩寝かして朝ご飯で食べた。いやはや辛いのなんの。これまでで一番の辛みが出ている。ワサビの風味も相まってなんとも言えないほど美味い。最高のごちそうである。

その他の画像

by torasan-819 | 2016-11-02 04:35 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2016年 07月 02日
ミズ(ウワバミソウ) ~ 2016年7月1日
ミズ(ウワバミソウ) ~ 2016年7月1日_f0170180_16264884.jpg


この時期になると採れる山菜も限られてくる。しかし、ミズは春から秋まで(5月~10月)採れる息の長い山菜である。その名の通り茎の水分が多く、クセが無くさっぱりした味わいだ。シャキシャキとした歯触りで何にでも合わせられる。秋には茎にムカゴ(ミズコブ)が出来るが、コリコリと歯触りが良く美味しい。

今日は朝のうちにと、恩師のKさんを誘ってとある山中へと入った。車を停めて10分ほど歩くとミズが密生している場所に着いた。ミズ畑と呼びたくなるほどの大群生地だ。ミズは沢沿いや日当たりが悪く湿ったところを好んで生えている。1時間ほど採って今日の分は終了。帰宅してからの下ごしらえに少々時間が掛かるが、それも山菜採りの楽しみのひとつである。

その他の画像
タグ:

by torasan-819 | 2016-07-02 17:11 | 山菜・木の実 | Comments(2)
2015年 04月 30日
シドケ
シドケ_f0170180_7254130.jpg

タラノメが大量に採れたのでシドケを採ろうと転進した。山菜はそれぞれ生育に適した場所があるので、シドケを採りたいときはシドケの好む場所を探すことになる。シドケは湿った林の中や沢筋の斜面で見つけることができる。シドケの正式名称はモミジガサというらしいが、その名のとおり紅葉型の葉をしているので容易に見分けがつく。キド味(山菜特有の癖)が強く独特の風味と食感がある山菜だ。その風味は好き嫌いが分かれるだろうが、好きな人はやみつきになるほどの魅力がある。おひたしが美味いが、今回は味噌漬けにもしてみよう。
※2015年4月29日 標高650mの山中にて

その他の画像

by torasan-819 | 2015-04-30 07:28 | 山菜・木の実 | Comments(4)
2015年 04月 28日
今年の山菜は出るのが早い(ワサビ編)
今年の山菜は出るのが早い(ワサビ編)_f0170180_23362735.jpg

杉林の中のくぼ地にワサビが自生しているのを見つけた。花が咲いてちょうど採り頃なのに、誰かが採った形跡もない。ワサビは踏み荒らしたり採りすぎるといずれ消えてしまうので、自分が食べる分だけいただいてきた。大事にすればずっと毎年採ることができるのだ。さっそくいつものとおり醤油漬けにしたが、鼻にツンと抜ける刺激が何ともいえず美味い。酒のつまみに良し、ご飯の伴にも良しなのである。
※2015年4月25日 標高230mの山間地にて

                         サンショウもあったので若芽を採取
今年の山菜は出るのが早い(ワサビ編)_f0170180_23383623.jpg


                         ついでにミツバも採取
今年の山菜は出るのが早い(ワサビ編)_f0170180_23405943.jpg


by torasan-819 | 2015-04-28 23:42 | 山菜・木の実 | Comments(4)
2015年 04月 28日
今年の山菜は出るのが早い(タラノメ編)
今年の山菜は出るのが早い(タラノメ編)_f0170180_238917.jpg

今年は山の雪解けがめっぽう早い。必然的に山菜が出るのも早まっている。例年より1週間から10日ほど早い感じだ。そんなわけでいつもの裏山に行ってみた。やはり既に採りやすいところは採られた後。しかし、ちょっとヤブに入っていくとまだまだ採ることができる。イバラのトゲが痛いのだが、そんなこと言ってたのではタラノメは採れない(笑)
※2015年4月26日 標高500mほどの裏山にて

                          15センチほどのタラノメ
今年の山菜は出るのが早い(タラノメ編)_f0170180_23113993.jpg


                          これはハリギリ
今年の山菜は出るのが早い(タラノメ編)_f0170180_2391164.jpg


by torasan-819 | 2015-04-28 23:13 | 山菜・木の実 | Comments(2)