人気ブログランキング |
タグ:御前ヶ遊窟 ( 2 ) タグの人気記事

2015年 11月 03日
紅葉とスラブの御前ヶ遊窟 ~ 2015年11月1日
f0170180_7464978.jpg

御前ヶ遊窟とは山そのものの名称ではない。その昔、武将 平維茂の奥方が隠れ住んでいたと言い伝えられている洞窟のこと。会越国境山群の中に井戸小屋山という山があり、その西側の岩塔に御前ヶ遊窟がある。自然に穿たれた穴のようであり、風をしのぐには使えそうである。しかし、この険しい山中に一時的にせよ高位の奥方が住んでいたかどうかは疑問だが、そんな言い伝えがあること自体が興味を引かれる。御前ヶ遊窟に至るには鍬ノ沢沿いを辿るのが一般的だ。スラブの急な登りがあり、一般ルートとしては上級者向けということになるが、それがまた楽しさにもなっている。下山ルートは2年前はソウケエ新道を辿ったが、クサリ場も多くそこそこ時間もかかる。今回は距離は伸びるが楽に下山でき、時間も短縮できると思われる井戸小屋山経由でのルートとした。


  山域山名   御前ヶ遊窟(846m) 井戸小屋山(902m)
  山行期間   2015年11月1日(日)
  山行形態   一般登山
  天候      曇り時々晴れ
  参加者    9人(L:トラ山・和◯・佐◯・菅◯・柏◯・深◯・大◯・中◯・◯木)
  行程      駐車地点7:55~登山口8:00~鍬ノ沢渡渉点8:10~登山道合流点8:30~シジミ沢出合9:40-10:08~御前ヶ遊窟11:40~
          岩塔頂上12:20-12:50~井戸小屋山13:17~林道14:10~車道14:26~駐車地点14:48
  行動時間   6時間53分
  移動距離   8.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±970m (GPS計測)
  装備      ロープ 30m×2




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-11-03 12:24 | | Comments(4)
2013年 11月 10日
会越国境山群 御前ヶ遊窟でスラブと紅葉を楽しむ ~ 2013年11月9日
f0170180_2245347.jpg

自分が御前ヶ遊窟(ごぜんがゆうくつ)を知ったのは、ほんの数年前のことだ。新潟県阿賀町にある御前ヶ遊窟は、会越国境山群に属する井戸小屋山(902m)の東尾根の岩塔にある。御前ヶ遊窟という名称が、何やらいわく因縁ありげではないか。調べると、武将平維茂の奥方が隠れ住んでいた(と言い伝えられている)洞窟のことのようだ。豊富にあるネットの記録を見ると、スラブの登攀画像が印象的だ。特に秋は紅葉が美しいようで、いたく興味をそそられた。昨年は機会がなかったが、よし今年こそはと思い定めていた。行きたいと口にしていたところ、仲間が集まり5人で行くことになった。御前ヶ遊窟は全員が初めて。自分はちょっと苦手なスラブ登攀に、期待半分不安半分というところ。
================================================================================
 山域山名   御前ヶ遊窟
 山行期間   2013年11月9日(土)
 山行形態   一般登山
 天候      晴れのち曇りのち晴れ
 参加者    5名(L:和○さん・佐○さん・○井さん・八○さん・トラ山)
 行程      登山口7:58~鍬ノ沢渡渉点8:07~登山道合流点8:28~シジミ沢出合9:39-9:55~御前ヶ遊窟12:16~
          岩塔頂上12:41-13:09~ソウケエ新道14:05~鍬ノ沢渡渉15:42~登山道合流点15:56~登山口16:24
 行動時間   8時間26分
 移動距離   7.4km (GPS計測)
 累積標高差 ±1,079m (GPS計測)
 装備      ロープ 45m×1・50m×1
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-11-10 19:50 | | Comments(9)