タグ:月山 ( 27 ) タグの人気記事

2018年 12月 02日
快晴の月山・姥ヶ岳 ~ 2018年12月2日
f0170180_00091463.jpg

2週連続で月山へ。高気圧に覆われて雲ひとつない素晴らしい晴天の穏やかな日となった。12月というのに暖かくてまるで春スキーのようだ。先週からの降雪はわずかで斜面の雪は締まっていたが、まずまずの雪で気持ちの良い滑りができた。金姥から1本滑り、紫灯森へ登り返してもう1本。どちらもノートラックの斜面にシュプールを描くことができた。年内はもうこんな日はないだろう。


山域山名   月山・姥ヶ岳
山行期間   2018年12月2日(日)
山行形態   山スキー
天候     快晴
参加者    7人(L:トラ山・K藤・N井田・W井・W辺・K倉・H沼)
行程     志津7:02~姥沢8:55~リフト下駅9:11-9:22~リフト上駅9:56-10:07~姥ヶ岳10:31-10:44~金姥10:53-11:01~
       紫灯森11:30-11:40~リフト上駅12:07-12:28~リフト下駅12:36-12:44~姥沢12:50~志津13:13
行動時間   6時間11分
移動距離   15.1km
累積標高差  ±1,164m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-12-02 20:44 | 山スキー | Comments(4)
2018年 11月 29日
月山・志津~姥ヶ岳(シーズン初滑り) ~ 2018年11月25日
f0170180_22502708.jpg

今シーズンの初滑りは月山へ。出発が遅かったので志津には8時半過ぎに到着。ゲート前は25台ほどの車で一杯だ。皆さんシーズンインを待っていたのだろう。ゲートから少し歩くと道路は雪で覆われスキーに乗る。積雪深は20センチほどだ。心配した電柱コースも何とか歩ける積雪量がある。山スキー2シーズン目のK玉さんはスキー自体3シーズン目だが、苦労しながらも登って来る。後続パーティーにも抜かれていつしか最後尾となったが、今日はカメさんチームでいこう。2時間近くかかって姥沢に到着。積雪深は40センチ弱ある。リフト下駅でちょっと早めの昼食を取ってからリフト下を登る。快晴微風でまるで春のような日に汗だくになる。リフト上駅から先行者が斜面に見える姥ヶ岳へ向かう。ここまでアンダー1枚だったが、さすがに寒くなってきたのでジャケットを羽織る。ひと登りして山頂へ着くと大展望である。眼前の月山が真っ白に輝いている。斜面に目を移すと月山の牛首の方へもトレースが延びているのが見て取れる。姥ヶ岳山頂直下の東斜面は既に何本ものシュプールが描かれていて、先行パーティーが今まさに滑降しようとしている。金姥ピークからも1本長いシュプールがあった。我々もクリーンな斜面を選んで1本滑る。思ったより良い感触の雪に自然に顔がほころぶ。登り返してもう1本滑ると周囲にはほとんど人がいなくなっていた。山形のAさんを見つけたので挨拶すると、やはり金姥から滑ったのは彼だったとのこと。名残惜しいがそろそろ下山しなければならない。リフト下の重い雪を滑り降りると太腿がパンパンだ。雪がまだ少ないので電柱コースはパスして道路なりに滑ると志津まで戻った。それにしてもなんて穏やかな良い日だったのだろう。幸先の良いシーズンインが出来たことに感謝。



山域山名   月山・姥ヶ岳
山行期間   2018年11月25日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    3人(L:トラ山・K藤・K玉)
行程     志津9:00~姥沢10:53~リフト下駅11:12-11:30~リフト上駅12:05~姥ヶ岳12:40~滑降2本~リフト下駅14:20~
       姥沢14:30~志津15:00
行動時間   6時間
移動距離   13.8km
累積標高差  ±1,140m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-11-29 07:45 | 山スキー | Comments(4)
2018年 04月 25日
月山肘折ツアー ~ 2018年4月22日
f0170180_01315496.jpg

今年の月山肘折ツアーは15日に予定していたが、天候が芳しくないため1週間延期し22日に行うこととした。日程変更によりメンバーの都合により7人パーティーが5人となってしまったが致し方ない。ロングルートを多人数のパーティーなので、天候の判断はツアーの成否に直結するからだ。小屋などを利用して2日間でのツアーという考えもあるが、自分は軽装によるワンデイツアーがすっきりしていて好みなので、初めてツアーを行った2013年以来のやり方だ。実際に15日は雨模様だったので延期の判断は正しかった。22日に延期したことにより少し計画を変更した部分がある。今年は月山スキー場のリフトが雪の影響か1基傾いていて修復工事中であり、28日までは使えないのでリフト分を自分の足で登ることになる。問題は4月下旬まで夜間閉鎖(19時~7時)となる志津温泉のゲートから姥沢駐車場までをどう解決(姥沢駐車場に車で上がるとツアー後に回収できなくなる)するかだが、昨年のようなヒッチハイク作戦はスキー場がオープンしていないのであまり期待できない。そのため15日の計画では全員がジャンボタクシーで上がろうと考えていたが、延期したことにより考えを変えた。志津温泉のゲート前から歩いてしまうことにしたのだ。このためさらに距離と標高差が追加され、リフトが利用出来る場合と比べると距離で5.1キロ、標高で実に770mのプラスとなり、この部分だけでも半日ルートほどのボリュームがある。参加メンバーの体力について考えてみたが、月山越えまでの登りでペースを抑えぎみにすれば大丈夫だろうと判断した。無茶と挑戦の狭間に可能性の糸を繋いでいく脳内トレースは、ツアー責任者として楽しくも緊張感のある作業である。


山域山名   月山(1,984m) 小岳(1,226m) 大森山(791.2m)
山行期間   2018年4月22日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    5人(L:トラ山・S木・W井・U井・M崎)
行程     志津5:30~ネイチャーセンター6:00~標高1,250m地点7:13-7:25~リフト上駅8:02-8:08~月山9:52-10:15~
       千本桜10:28~清川橋10:58-11:30~念仏ヶ原避難小屋12:15-12:25~小岳13:20-13:31~赤沢川二俣13:43~
       ネコマタ沢源頭14:13~大森山コル15:13~大森山頂15:46-16:10~林道16:33~朝日台17:10~小学校跡17:30
行動時間   12時間
移動距離   25.2km
累積標高差  +1,894m -2,303m
参考データ  肘折積雪深112cm(4月21日アメダス)



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-04-25 04:37 | 山スキー | Comments(13)
2017年 12月 07日
月山・志津~姥ヶ岳 ~ 2017年12月3日
f0170180_14035318.jpg



山域山名   月山・姥ヶ岳
山行期間   2017年12月3日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    6人(L:tekuteku登山部5人・トラ山)
行程     志津8:12~姥沢9:55~リフト下駅10:15~リフト上駅11:05~姥ヶ岳9合目11:34~リフト下駅12:20-12:50~
       姥沢12:55~志津13:57
行動時間   5時間45分
移動距離   10.7km
累積標高差  ±896m



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-12-07 20:09 | 山スキー | Comments(2)
2017年 08月 17日
月山(志津からの周回ルート) ~ 2017年8月15日
f0170180_22453387.jpg

今年は8月になってから青空を見たのが珍しいほど天気が悪い。日本海側なら少しはマシなようなので月山に行くことにした。3人で向かうのだが自分と他2人(白峰会のK藤さん・T矢さん)は別々に歩く予定でいた。自分は姥沢から登山道で山頂へ登り、大雪城の残雪の様子も確認してみる計画としていたが、他の2人はリフト利用でまったりと月山のようだった。ところが、志津温泉を過ぎると右に「六十里越」ののぼり旗が目に入り、面白そうなのでここから3人で歩いてみようかとなった。距離と標高差は増えるが、どのみち標高を上げるとガスの中なので、山頂にこだわる必要もないだろうと考えた。


山域山名   月山(1,984m)
山行期間   2017年8月15日(火)
山行形態   ハイキング
天候     曇り
参加者    3人(L:K藤・T矢・トラ山)
行程     志津8:58~姥沢小屋跡10:23~牛首下分岐11:11-11:30~牛首11:49~頂上小屋12:20-12:52~牛首13:20-13:32~
       金姥13:45~装束場14:22~ネイチャーセンター15:38~志津15:54
行動時間   6時間56分
移動距離   16.9km
累積標高差  未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-08-17 21:30 | | Comments(0)
2017年 04月 23日
月山・品倉尾根 ~ 2017年4月22日
f0170180_21300210.jpg


山域山名   月山 品倉尾根
山行期間   2017年4月22日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ
参加者    4人(L:トラ山・K内・F井・G藤)
行程     湯殿山スキー場8:05=姥沢P8:54=リフト上駅9:33-9:41~柴灯森10:26-10:42~P1479m12:02-12:34~
       濁沢13:23~湯殿山スキー場14:17
行動時間   4時間36分
移動距離   10.4km (GPS計測)
累積標高差  +436m -1,412m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-04-23 06:30 | 山スキー | Comments(0)
2017年 04月 22日
月山・肘折ツアー ~ 2017年4月16日
f0170180_03462983.jpg

月山のスキールートの中でも肘折ルートは最長のロングツアーになる。とはいえ距離は20キロ程度で驚くほどの長さではない。しかし、大きな標高変化とそれに伴う雪質の変化、大きな月山が徐々に遠くなっていく印象的な景観、アップダウンを繰り返しながらの斜面と沢の滑降など、変化に富んだ素晴らしいルートであるといえる。時期はその年の積雪の状況により4月上旬から4月下旬が適期といえる。ただし、肘折に下りてからどうやって戻るかが少々厄介である。我々はいつも肘折に車をデポして別の車で月山の姥沢に移動するという方法でやっているが、そのためには前日に肘折に移動するなどの手間が必要となる。その他には肘折に1泊して泊まった旅館に送ってもらう(ある程度の人数が必要)、ジャンボタクシーやマイクロバスを手配しておく、時間はかかるがバスや電車を使う(半日~1日かかる)など、いくつかの方法で実行している人達がいる。手間をかければ肘折デポ方式が一番経済的だが、姥沢の車の回収に問題がある。なぜなら、姥沢への県道は4月上旬に開通するが、おおむね4月末までは午後7時から翌朝7時まで通行止めであり、肘折から戻って午後7時までに姥沢の車を降ろすのはかなり困難だからだ。昨年は姥沢に上がった車をサポート隊に志津に降ろしてもらった。今年も当初計画の4月9日はその予定だったが、天候のため16日へと1週間延期したことによりサポートが受けられなくなった。そのため、志津に車を置き4人がジャンボタクシー(13,000円程度)で姥沢に上がる計画とした。懸念なのは月山西斜面のアイスバーンと風だ。予報によると16日の気温は高めなのでアイスバーンが緩むことを期待できる。稜線は20ⅿ以上の風になりそうだが、月山さえ越えればあとは何とかなるので決行することにした。


山域山名   月山(1,984m) 小岳(1,226m) 大森山(791.2m)
山行期間   2017年4月16日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り(月山上部はガスと強風)
参加者    4人(L:トラ山・S木・K澤・U井)
行程     姥沢P7:10=リフト上駅8:22~月山10:08-10:26~千本桜10:58~清川橋11:34-12:00~
       念仏ヶ原避難小屋12:43-12:50~小岳13:36-13:49~赤沢川二俣14:00~ネコマタ沢源頭14:26~
       大森山コル15:20~大森山頂15:40-15:52~林道16:05~朝日台(肘折)16:32
行動時間   8時間10分
移動距離   20.1km (GPS計測)
累積標高差  +1,297m -2,446m (GPS計測)
参考データ  肘折積雪深137cm(4月15日アメダス)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-04-22 05:45 | 山スキー | Comments(2)
2017年 01月 05日
月山・志津~姥ヶ岳(リフト上駅まで) ~ 2017年1月3日
f0170180_13295350.jpg


今シーズンは昨シーズン以上に雪が少ないと感じる。山スキーヤー殺すにゃ刃物はいらぬ、山に雪が無けりゃいいとでも言いたくなってくる。地元の蔵王をはじめ吾妻や安達太良もまったく積雪量が足りない。ある程度山スキーになるのは天元台や西大巓くらいだ。しかし、まだまだブッシュなどは埋まってないので、快適な滑降とはならない。月山も同じように雪は少ないが、他よりははるかにマシだろうと向かうことにした。


山域山名   月山・姥ヶ岳(リフト上駅まで)
山行期間   2017年1月3日(火)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    4人(L:トラ山・K藤・M崎・sharizaka)
行程     志津8:20~姥沢9:54~リフト下駅10:11-10:25~リフト上駅11:05-11:46~リフト下駅11:55~登り返し再滑降~
       リフト下駅12:46~姥沢12:54~志津13:38
行動時間   5時間18分
移動距離   11.0km (GPS計測)
累積標高差  ±1,061m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-01-05 23:21 | 山スキー | Comments(2)
2016年 12月 18日
月山・志津~姥沢(リフト下駅まで) ~ 2016年12月17日
f0170180_3541445.jpg

今シーズン初の山スキーに月山へ。装備確認と足慣らしのための山行だ。計画ではいちおう姥ヶ岳までとしていたが、強風の予報でもあり無理せず行けるところまでにしようと話しながら志津に到着。午前8時半を過ぎているというのに、なんと他に車はなく自分たちが一番乗りだ。ある程度雪が降ったので他の山域に散ったのだろうかと訝しむが、準備をしているとぽつぽつと車が上がってきた。


山域山名   月山・姥沢(リフト下駅まで)
山行期間   2016年12月17日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    3人(L:和◯・N井田・トラ山)
行程     志津9:06~姥沢11:36~リフト下駅12:08-12:32~姥沢12:43~志津13:39
行動時間   4時間33分
移動距離   8.1km(GPS計測)
累積標高差 ±648m(GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-12-18 23:12 | 山スキー | Comments(0)
2016年 04月 30日
月山(1,880mまで) ~ 2016年4月30日
f0170180_2359466.jpg

ゴールデンウィーク前半の4/29~5/1は寒気が入るようで、天気予報では気温が低くなり、山の上は強風のようだ。鳥海山は諦めたが何ともこのままでは面白くない。ダメ元で30日に月山に行くことにした。現地に行ってもし登れなくとも、下の方で少しは滑られるだろうという目論見である。


  山域山名   月山(1,984m)
  山行期間   2016年4月30日(土)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れのち曇り
  参加者    4人(L:トラ山・◯樹・大◯・黒◯)
  行程      姥沢9:20~四ツ谷川10:31~1,880m地点11:50~四ツ谷川12:30~休憩12:25-12:53~
          金姥13:30-13:40~姥沢14:26
  行動時間   5時間6分
  移動距離   9.9km (GPS計測)
  累積標高差 ±1,060m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2016-04-30 21:00 | 山スキー | Comments(6)