タグ:本社ノ沢 ( 6 ) タグの人気記事

2018年 05月 11日
飯豊・本社ノ沢 ~ 2018年5月6日
f0170180_12491423.jpg

M崎さんから飯豊・本社ノ沢のお誘いがあり、日程調整のうえ6日に行くことになった。自分としては本社ノ沢は3年ぶり4回目となるのだが、このルートは距離はともかく累積標高差が大きいので体力的にも結構キツイ。体力抜群のM崎さんではついていくのが大変なのでちょっと考えてしまった。しかし、来年行けるという保証もないし頑張ることにした。何人かに声をかけたところK樹さんとK藤さんが乗ってくれ4人パーティーとなった。いずれにしても自分が最年長ということは変わりがない。登頂優先のマイペースで歩こうと決意した。



山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 地蔵岳(1,538.9m)
山行期間   2018年5月6日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    4人(L:トラ山・M崎・K藤・K樹)
行程     大日杉小屋4:30~1,190m地点5:58-6:12~地蔵岳7:08-7:15~大又沢7:23~本社ノ沢出合7:30~
       左岸取り付き(1,280m)8:27~尾根(1,670m)9:30~本山小屋10:52~山頂11:07~本山小屋11:25-11:47~
       二俣12:10~本社ノ沢出合12:26~地蔵岳13:40-13:50~1,190m地点14:03-14:17~大日杉小屋15:08
行動時間   10時間38分
移動距離   15.4km
累積標高差  ±2,422m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-05-11 05:11 | 山スキー | Comments(2)
2018年 05月 10日
飯豊・本社ノ沢の状況(2018年5月6日)
f0170180_06511589.jpg
5月6日に飯豊・本社ノ沢の山スキーに行ってきました。雪解けが速い今年ですが、いつものように1,190mからシール登高を開始できました。雪渓の崩壊で1度スキーを外しましたが、その後は地蔵岳まで順調に登高し大又沢への下降も問題なしでした。大又沢のいつもの穴は右岸をスキーでトラバースできましたが、その後の本社ノ沢出合の雪渓が過去には見られなかったほど崩壊していました。出合付近の沢が完全に露出しており滝もあるので高巻きで越えるしかありません。出合の大又沢側からツボ足で本社ノ沢右岸に登り、沢が口を開けている箇所の上部斜面をトラバースして本社ノ沢に降りました。高さのある急斜面なので滑落すると沢に落ちる危険があります。かなり嫌らしい通過となりました。今後は右岸のトラバースがさらに厳しくなると思われます。また、6日は本社ノ沢二俣付近の右俣右岸尾根から雪崩が発生しました。登りで3人パーティー、滑降で多人数のパーティーが通過した後のようです。出合付近の右俣は幅が狭く逃げ場がありません。気温上昇後に入り込むのは避けるべきです。これから本社ノ沢をと考えている方は慎重な判断が必要になります。

その他の画像はこちら

by torasan-819 | 2018-05-10 07:29 | 山スキー | Comments(0)
2015年 05月 16日
飯豊本山の本社ノ沢を滑降 ~ 2015年5月10日
f0170180_12574255.jpg

本社ノ沢(おむろのさわ)は飯豊山の本山東面を源とする沢だ。地蔵岳から眺めると、山頂を挟んで右と左に顕著な沢筋が見え、中腹で合流して流れ下っている。先達により比較的新しく開拓されたこのルートも、徐々に知られるようになった。しかし、いったん沢に下って登り返すという標高差の大きいルートゆえ、辿ろうとするとそれなりの体力が求められる。また、沢が割れている場合の処理や、いったん踏み込めばエスケープできないという厳しさがあり、誰でも辿れるルートではない。さて、今週末の天気予報では山頂は氷点下が予想され、風も強いというあまり良くない条件のようだ。しかし、自分にとって今シーズンのラストチャンスかもしれない。今回が初本社ノ沢になる2人と伴に向かうことにした。※過去の記録 2012年 2013年


  山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 地蔵岳(1,538.9m)
  山行期間   2015年5月10日(日)
  山行形態   山スキー
  天候      晴れ時々曇り(山頂ガス)
  参加者    3人(L:トラ山・◯樹・KIYO)
  行程     大日杉小屋4:40~1,200m地点6:42-7:07~地蔵岳8:03-8:12~大又沢8:30~本社ノ沢出合9:08~二俣(1,360m)10:03~
          飯豊本山小屋12:20~山頂12:38~飯豊本山小屋12:53-13:22~二俣14:01~本社ノ沢出合14:13~地蔵岳15:52-16:00~
          大日杉小屋17:30
  行動時間   12時間50分
  移動距離   15.8km (GPS計測)
  累積標高差 ±2,497m (GPS計測)




続きはこちら

by torasan-819 | 2015-05-16 13:38 | 山スキー | Comments(2)
2015年 05月 11日
飯豊・本社ノ沢の状況(2015年5月10日)
f0170180_23103474.jpg


5月10日に飯豊・本社ノ沢に行ってきたので状況を記します。

大日杉小屋までは手前の分岐にバリケードがあるが、脇から問題無く入っていけました。大日杉小屋までの道路に雪は無く、大日杉小屋の周辺にあるだけです。トイレは小屋の1階にあり使えます。

急登のザンゲ坂には残雪があり滑りやすい状況でした。中途半端にピンクテープもあって分かりにくく要注意です。私は見事にミスってしまいました。尾根の登山道に雪はほとんど無く、御田(1000m)まで登ると雪が現れ始めました。約1200mで雪が繋がってきたので、それまで履いていた長靴をデポしてスキーに切り替えました。

地蔵岳から大又沢への下降は問題ありません。大又沢では沢が口を開けていましたが、まだ1箇所なので高巻くようにしてトラバースしました。本社ノ沢出合も埋まっていて問題ありません。風が強いようだったので、枝沢から尾根には登らずに本社ノ沢の左俣を詰めました。その他は特に問題はありませんでした。

行く方は十分注意し、ダイナミックな本社ノ沢ルートを楽しんでください。

f0170180_2373935.jpg


by torasan-819 | 2015-05-11 23:11 | 山スキー | Comments(0)
2013年 05月 10日
飯豊山 本社ノ沢左俣を滑降 ~ 2013年5月9日
f0170180_5583684.jpg

地蔵岳に立つと、正面に視界を塞ぐように大きく飯豊本山が見える。その東面に突き上げる沢が本社ノ沢(おむろのさわ)だ。自分がこの本社ノ沢を初めて滑ったのは、昨年5月31日のことだった。積雪の多い飯豊でも5月末ではさすがに遅すぎたようで、地蔵岳までスキーを担いで登った。今年は4月中に、できれば同行者を連れて滑りたいと考えていた。しかし、なかなかタイミングが合わない。このままでは昨年の二の舞になってしまうと思っていたところ、9日が好天の予報を見てこの日しかないと思った。こんな時のために取っておいた代休を当て、単独で飯豊に向かうことにした。
================================================================================
 山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,105.1m) 本社ノ沢(おむろのさわ)
 山行期間   2013年5月9日(木)
 山行形態   山スキー
 天候      快晴
 参加者    単独
 行程      大日杉小屋5:15~スキー登高開始(1,160m)6:33-6:41~地蔵岳(1,538.9m)7:34-7:42~大又沢7:52~
          本社ノ沢出合7:54-8:03~左岸取り付き(1,280m)8:28~尾根稜線(1,770m)9:46~飯豊本山小屋10:31~
          飯豊山頂10:48-11:00~飯豊本山小屋11:11-12:23~本社ノ沢出合12:50-12:59~地蔵岳14:11-14:37~
          大日杉小屋15:43
 行動時間   10時間28分
 移動距離   16.5km (GPS自動記録)
 累積標高差 ±2,440m (GPS自動記録)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-10 19:10 | 山スキー | Comments(16)
2012年 06月 04日
飯豊本山滑降(本社ノ沢)を日帰りピストンで ~ 2012年5月31日
f0170180_050458.jpg

======================================================================
山域山名   飯豊連峰 飯豊山(2,102m) 本社ノ沢
山行期間   2012年5月31日(木)
山行形態   山スキー
天候      晴れ
参加者    単独
行程      大日杉小屋6:50~ザンゲ坂~長之助清水7:33~地蔵岳9:10-9:25~大又沢出合9:43~本社ノ沢出合9:58~
         左岸取り付き(1270m地点)10:27~尾根稜線12:07~飯豊本山小屋13:45-14:12~本社ノ沢出合14:47~
         大又沢出合15:07~地蔵岳16:45-16:55~長ノ助清水17:50~大日杉小屋18:24
行動時間   11時間34分
移動距離   15.2km(GPS計測)
累積標高差  ±2,409m(GPS計測)
======================================================================
本社ノ沢(おむろのさわ)は飯豊本山の東斜面を源頭とする沢だ。この沢がいつからスキー滑降の対象となったのかわからないが、そう古いことではないようだ。さらに日帰りで本山往復をトレースされるようになったのは比較的近年のことのようで、西川山岳会など一部の愛好家が滑降対象としている。しかし、ネットで記録を散見するようになると、本社ノ沢を知る人も実際滑った人も増えてくる。かくいう自分もそうなのだが、山スキー2シーズン目の昨年はまだ自分には難しいように思えた。ましてや単独でなど考えられなかった。地蔵岳を経由した本社ノ沢から本山へは、ルート取りに特徴があり、往路は大日杉から地蔵岳へ900m以上登ると大又沢へ約400m下降し、再び飯豊本山へ1000m近く登ることになる。復路はまた400mの登り返しが待っているので、単純累積標高差は2300m以上にもなる。ルート延長こそ15kmほどだが、ルートファインディングが必要なこともあり、篤志家向けのルートといえる。初めてgamouさんの記録を見て以来、そのダイナミックなルート取りと飯豊本山山頂からの滑降という魅力に惹かれ、いつかは自分もと思っていた。山スキー3シーズン目の今年になり、急斜面の処理にある程度慣れてきたこともあり、本社ノ沢も滑降対象として考えられるようになってきた。後は時期と相方だが、休日を全部スキーに当てるわけにも行かず、その他の山行もあり、そうこうしているうちに5月も下旬となってしまった。今年は時期を逸してしまいもう無理だろうと思ったが、どうにも気持ちが残っている。よし思い切って駄目もとでやってみよう。中途退却となっても来シーズンの調査にはなる。5月末日に休日出勤の代休を当て、単独で本社ノ沢に向かうことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-06-04 06:24 | 山スキー | Comments(12)