タグ:湯殿山 ( 6 ) タグの人気記事

2018年 04月 14日
湯殿山(姥ヶ岳経由の周回ルート)~ 2018年4月14日
f0170180_05323635.jpg

この週末は全国的に春の嵐との予報で、東北では土曜日夜から日曜日いっぱい強風となるらしい。そのため15日に予定していた月山肘折ツアーは翌週に延期することにした。14日も微妙な予報だったが、山は行ってみなければ分からないということで湯殿山に向かうことにした。朝から晴れていたので期待しながら高速を走っていると、月山がくっきりと見えてきたのでテンションが上がる。いずれ曇ってくるとは思うが、今日はガスがかからず持ってくれればいいと祈るような気持ちだ。


山域山名   月山 姥ヶ岳(1,670.1m) 金姥(1,688m) 湯殿山(1,500m)
山行期間   2018年4月14日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    4人(L:トラ山・О島・K藤・F井)
行程     ネイチャーセンター7:45-8:06~標高1,250m地点9:25~姥ヶ岳10:17-10-33~金姥10:40-10:50~昼食11:20-11:44~
       湯殿山12:20-12:31~ネイチャーセンター13:00
行動時間   4時間54分
移動距離   10.6km
累積標高差  ±1,146m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-04-14 20:45 | 山スキー | Comments(0)
2013年 12月 24日
ホワイトアウトの湯殿山 ~ 2013年12月23日
f0170180_2331277.jpg

この3連休最終日は湯殿山へと向かった。途中でカメラを忘れたことに気付きがっかりする(今回の画像はすべて和○さん撮影)。奥羽山脈を日本海側へ抜けると、いつものことながら太平洋側とは段違いな積雪量に驚く。志津温泉には8時過ぎに到着。除雪終了点手前の駐車スペースにはすでに6~7台駐車してあり、皆さん登る準備をしている。車を止めると隣に見覚えのあるお方。飯豊朝日連峰の麓からのgamouさんだった。今日は湯殿山に登ろうと思っているという。後から到着したAさん他1名とそうそうたるメンバーで即席パーティーを組むと、湯殿山へと登っていった。そうこうしているうちにも続々と車が上がってくる。少し遅れた和○さんが車を止めると、ほぼ満車となった。
================================================================================
 山域山名   月山 湯殿山(1,500m)
 山行期間   2013年12月23日(月)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り
 参加者    7人(L:和○さん・佐○さん・河○さん・○井さん・深○さん・川○さん・トラ山)
 行程      志津温泉9:04~ネイチャーセンター9:32~石跳川渡渉10:25~森林限界11:32~湯殿山12:20~
          石跳川渡渉14:10~ネイチャーセンター14:30~志津温泉14:51
 行動時間   5時間47分
 移動距離   10.1km (GPS計測)
 累積標高差 ±990m (GPS計測)
================================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-12-24 19:33 | 山スキー | Comments(10)
2013年 05月 01日
14:30からの湯殿山 ~ 2013年4月28日
f0170180_2104216.jpg

午前中の仕事を終え、月山に向かって自宅を出たのは午後0時45分頃だった。GWとはいえ仕事と行事もあり、なかなか連続した休みにならない。午後出発の強行軍はいつものことだ。山形道を西川ICで降り、道の駅にしかわで今日の相方のあんみつさんと合流した。彼女は東京から自走で来たのだが、これもいつものことだ。さっそくこちらの車にスキーとザックを積み込ませると、月山のネイチャ-センターへと向かった。これから湯殿山を1本やるつもりなのだ。
===========================================================================
 山域山名   月山 湯殿山(1,500m)
 山行期間   2013年4月28日(日)
 山行形態   山スキー
 天候      曇り時々晴れ
 参加者    2人(L:トラ山・あんみつさん)
 行程      ネイチャーセンター14:30~湯殿山16:14-16:21~ネイチャーセンター16:55
 行動時間   2時間25分
 移動距離   7.2km (計測:GPS10m毎)
 累積標高差 ±743m (計測:GPS10m毎)
===========================================================================

続きはこちら

by torasan-819 | 2013-05-01 01:49 | 山スキー | Comments(8)
2012年 05月 01日
速攻で滑る湯殿山東斜面 ~ 2012年4月29日
f0170180_22221011.jpg

======================================================================
山域山名   月山 湯殿山(1,500m)
山行期間   2012年4月29日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れ
参加者    2人(L:トラ山、加○さん)
行程      ネイチャーセンター14:15~湯殿山16:12-16:22~ネイチャーセンター16:52
行動時間   2時間37分
移動距離   7.6km (GPS計測)
累積標高差 ±717m (GPS計測)
======================================================================
29日は午前中が仕事の予定。そうでなければ29日と30日は鳥海山三昧としたかったのだが、仕事となれば仕方がない。29日は移動日と決め、先行する和○さんのパーティーを30日に追いかける計画とした。しかしだ、やはり29日の午後半日がもったいない。あれこれ考えると、鳥海山への移動経路途中にある月山・湯殿山ならなんとか1本やれそうだと思いついた。最終的に選択したのは湯殿山のピストンだが、条件が悪くなければ問題ないだろう。今回の相方は加○さんだが、彼とはほぼ1年ぶりの山行となる。12:30に加○さんを乗せると高速で月山へと向かう。今日は暖かいとは思っていたが、途中の温度計ではなんと30度の表示に驚く。それでも月山に近づくとやはり雪が多い。降りてきたばかりのスキーヤーが歩く志津温泉を通り、ネイチャーセンターへと車を上げる。午前中ならネイチャーセンター手前の道路もずらっと路上駐車だろうが、もう午後も2時となると疎らになっている。結局ネイチャーセンターまで進入して駐車することが出来た。建物の前で10数人が帰り支度をしたり談笑している。その前でそそくさとこれから登る準備をする我々。少々奇異に映ったかもしれない。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-05-01 22:18 | 山スキー | Comments(10)
2010年 03月 28日
湯殿山 ~ 2010年3月27日
f0170180_7384662.jpg

============================================================
山名      湯殿山(1,500m)
山行期間   2010年3月27日(土)
山行形態   山スキー
山域      月山
地形図    月山
天候      晴れのち雪
参加者    6名(L:和○さん・橘○さん・佐○さん・柳○さん・橘○(あ)さん・トラ山)
行程      志津駐車地点8:16~ネイチャーセンター8:48~1,297m地点10:57~ネイチャーセンター12:00~志津駐車地点12:42
行動時間   4時間26分(休憩等含む)
移動距離   8.6km
累積標高差 +636m -636m
============================================================

27日は湯殿山へ山スキーに行くことにした。
山形高速道を走っていると、周囲の景色は徐々に白くなる。
さすがに豪雪地帯だけあり、太平洋側とはまったく違う豊富な積雪量に心も浮き立つ。

高速を降り旧112号を志津温泉に向かっていると、湯殿山と姥ヶ岳の真っ白い姿が眼前だ。
志津温泉の先で冬季通行止めとなり、道路脇に駐車し準備する。
既に車が10台ほども止まっていて今日はにぎやかだなあと思ったら、我々2台の他はほとんど地元の西川山岳会(以後N会とする)の方々らしい。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-03-28 00:35 | 山スキー | Comments(4)
2009年 04月 20日
湯殿山 ~ 2009年4月19日
f0170180_5314144.jpg

19日は山形県の湯殿山(標高1500m)に登った。
友人と共に前日から山形入りし道の駅にしかわで車中泊。
この道の駅は温泉も併設してあるのが利点。
トイレも駐車場近くに独立した建物となっているので便利。
車中泊には二重丸の場所で、オイラ達の他にも何台も車中泊の車がいた。
友人と車中で宴会となったがかなり飲んでしまった。
でもぐっすり熟睡で翌朝は快調。

さて今回の湯殿山は単独行が好きなオイラには珍しくガイドツアーに参加した。
単独行ばかりだとたまには人恋しくなる(笑)
ガイド3名+参加者29名の大所帯。
しかも女性が7割!
たまにはこういうのもいいかも。

湯殿山は山頂までの道が無い。
だから積雪期~残雪期に雪を利用しなければ容易に山頂には立てないのだ。
ガイドさんによると以前は毎年4月29日に湯殿山ツアーをやっていたそうだが、この頃は10日ほど開催日を早めているという。
雪の少ない今年はこれでも遅いくらいのようだ。
まあしかし標高400m程度の場所にも雪は残っているのだからさすが豪雪地帯。

続き

by torasan-819 | 2009-04-20 05:30 | スノーシュー | Comments(7)