タグ:祓川 ( 3 ) タグの人気記事

2018年 05月 22日
鳥海山・祓川 ~ 2018年5月20日
f0170180_00580165.jpg

20日は鳥海山の百宅ルートを考えていた。しかし、由利本荘市鳥海支所の建設課に除雪状況を問い合わせると、今年は残雪が多く除雪は進んでいないという。仕方がないので祓川ルートとした。鳥海山の各ルートの中でも祓川ルートは特に人気がある。天気が良ければ混雑と言っていいほど人が集まる。しかも全国各地からだ。普段人けのないルートが多い自分としては、こう人が多いと山スキーという感じがしないほどだ。


山域山名   鳥海山 新山(2,236m)
山行期間   2018年5月20日(日)
山行形態   山スキー
天候     快晴
参加者    4人(L:トラ山・和〇・N井田・W井)
行程     祓川駐車場6:30~七ツ釜避難小屋7:55~七高山9:35-10:05~新山10:25-10:40~外輪山下降点11:02~
       1,870m地点11:19-11:38~2,090m地点12:03~祓川駐車場13:03
行動時間   6時間33分
移動距離   11.2km
累積標高差  ±1,490m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-05-22 21:15 | 山スキー | Comments(4)
2017年 05月 23日
鳥海山・祓川ルート ~ 2017年5月19日
f0170180_21501302.jpg

今回はT甲さんとK室さんの3人パーティー。T甲さんは会のメンバーだが、これまで鳥海山でのスキーは鉾立からの1回しか経験がないという。K室さんは昨年鳥海山の湯ノ台ルートで初めて山スキーをして以来、これまで数回の経験しかない。この2人は以前知り合いだったが、お互い山スキーをすることを知らずにいたところ、自分を中継にして今回の鳥海山で久しぶりの再会になったという具合。しかもこの2人がスキーを一緒にやるのは初めてとのこと。山スキーという共通項がなければ再会することもなかっただろう。さて今回の登高ルートは祓川からにした。距離も標高差も一番少なく登りやすいからだ。66歳のT甲さんと68歳のK室さんに外輪山まで登り滑ってもらうのが今回のミッションだ。


山域山名   鳥海山 七髙山(2,229.1m)
山行期間   2017年5月19日(金)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    3人(L:トラ山・T合・K室)
行程     祓川駐車場9:30~七ツ釜避難小屋10:47-11:13~昼食~七高山13:40-14:17~祓川駐車場15:00
行動時間   5時間30分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-05-23 07:31 | 山スキー | Comments(0)
2012年 05月 24日
ワンデイ2ルート(祓川・百宅)の鳥海山 ~ 2012年5月20日
f0170180_7234122.jpg

======================================================================
山域山名   出羽山地 鳥海山(七高山)(2,229.2m)
山行期間   2012年5月20日(日)
山行形態   山スキー
天候      晴れ
参加者    単独
行程      白石3:04=祓川駐車場6:07-6:45~七ッ釜避難小屋7:41~鳥海山(七高山)9:04-9:31~唐獅子平避難小屋9:38~
         大清水山荘10:02-10:24~唐獅子平避難小屋13:06~鳥海山14:46-15:07~祓川駐車場15:49
行動時間   9時間4分
移動距離   21.7km(GPS計測)
累積標高差  ±2,460m(GPS計測)
======================================================================
鳥海山は裾野の広い独立峰。四方八方からの登山ルートがあり、山スキーのルートもしかりだ。その中でも矢島口からの祓川(はらいかわ)コースはアプローチも良く、距離と標高差の点で一番登りやすいとされている。とは言っても山頂までの標高差は1000m以上あるので、体力的に楽というわけではない。鳥海山はこれまで4回、山スキーで滑っているのだが、2010年に湯ノ台口ルート百宅口ルート、2011年に吹浦口ルート、そして今シーズンは鳥越川(中島台)ルートを滑ることができた。しかし、なぜか祓川はまだだったので、次の鳥海山は祓川を滑ろうと考えていたところ、20日に時間が取れ行くことにした。しかし、相方が見つからず単独行ということに。1人であれば祓川だけではもったいない。よく参考にさせてもらっているgamouさんのところで、祓川と百宅を1日でやっていた記録があり、以前から気になっていたのだ。いつかはと思っていたが、この機会に思い切ってやってみることにした。百宅ルートは、登山口の大清水(おおしず)園地までのアプローチが林道でかなり長い。除雪が登山口まで到達するのは例年5月下旬になり、それまでは通常登ることはできない。その百宅ルートを山頂から下り、また登り返そうというのが今回の計画だ。山頂から百宅ルートの中間にある唐獅子平避難小屋までは、鳥海山東側の魅力的な大斜面が広がり、ここまでは滑り降りて登り返すという人は多い。しかし、大清水まで降りる人は滅多にいない。10:00まで大清水に到達しなければその時点で戻る計画とし、鳥海山に向かうことにした。

続きはこちら

by torasan-819 | 2012-05-24 12:34 | 山スキー | Comments(20)