人気ブログランキング |
タグ:蔵王 ( 233 ) タグの人気記事

2021年 01月 14日
蔵王・南屏風岳 ~ 2021年1月9日
蔵王・南屏風岳 ~ 2021年1月9日_f0170180_08101383.jpg

南屛風岳の東壁滑降の成否のカギは天候によるところが大きい。特に厳冬期は稜線がガスで覆われることが多く、週末スキーヤーがタイミングよくチャンスを掴むことは難しい。9日は予報によると天気が良く風も穏やかなのでトライしてみることにした。メンバーは3人だが全員東壁は何度も滑っている。その点では心配はないといえるが平均年齢は63歳である。こんな年齢のパーティーで東壁を滑ろうとする日が来るとは想像していなかった。これもまた時代なり。


山域山名 蔵王連峰 不忘山(1,705.3m) 南屏風岳(1,810m)
山行期間 2021年1月9日(土)
山行形態 山スキー
天候 晴れのち曇り
参加者 3人(L:トラ山・K地・K藤)
行程 白石スキー場8:05~ゲレンデトップ8:48~不忘山トラバース10:40-10:54~1,732mトラバース11:06-11:30~南屏風岳11:42-11:56~権現沢源頭滑降~登り返し12:41~昼食12:44-12:55~東尾根13:24-13:31~ゲレンデトップ14:00~白石スキー場14:09
行動時間 6時間4分 移動距離 9.7km 累積標高差 ±1,145m



続きはこちら

by torasan-819 | 2021-01-14 20:00 | 山スキー | Comments(0)
2021年 01月 02日
蔵王・不忘山 ~ 2021年1月1日
蔵王・不忘山 ~ 2021年1月1日_f0170180_09035357.jpg

静かな新年を迎えた。例年の元旦は行事があるので体が自由になるのは午後からとなる。なので里山程度しか登ったことがなかったのだが今年はその行事もコロナで無くなった。ゆっくりと雑煮を食べてから山に登ることにした。



山域山名 蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間 2021年1月1日(金)
山行形態 山スキー
天候 雪
参加者 単独
行程 白石スキー場10:30=ゲレンデトップ10:58-11:03~不忘山14:00-14:12~ゲレンデトップ15:00-15:30~白石スキー場15:35
行動時間 4時間32分 移動距離 5.9km 累積標高差 +596m -880m



続きはこちら

by torasan-819 | 2021-01-02 10:01 | 山スキー | Comments(2)
2020年 12月 23日
ビーコン訓練 ~ 2020年12月20日
ビーコン訓練 ~ 2020年12月20日_f0170180_20000116.jpg

山岳会でビーコン訓練を行った。場所は蔵王のすみかわスキー場の某所だが、積雪量も充分で良い訓練が出来た。12月中旬はまだ山スキーのシーズン始めであり、ビーコンに初めて触れるという初心者もいるので、操作に習熟するための訓練は大事になる。いざというときに使えないのであれば、持っている意味はないからだ。自分の場合は山スキー歴とビーコン歴は一緒になる。とはいえビーコンについて特別詳しいわけではないが、山スキー歴もある程度あるので色々聞かれることがある。一般的なことは理解しているつもりだし説明もできるのだが、問題は機種ごとに操作方法が異なることだ。以前のビーコンは発信と捜索の2モードだけであり、機種が異なっても感覚的に何となく操作できた。現在のビーコンも基本的な機能は変わらないのだが、複数の埋没者に対応するマーキング機能や、ツアーなどの際に参加者のビーコンを確認するグループチェック機能などが備わるようになっている。通常は自分のビーコンの操作方法が分かっていれば問題ないのだが、訓練となるとそうもいかない。機種により機能の切り替え操作が異なるので、あまりなじみのない機種に対応することは難しい。以上は講習会などで他機種の操作をする場合のことであり、基本的には自分の所持する機種の操作方法に習熟しておけば問題はないといえる。いずれにしても雪崩に埋没した時、生存可能性の高い15分間以内に救出するためにビーコンは必須と言える。山スキーなどでパーティーを組む場合に、自分が捜索する側になることも充分にあるということを認識し、ビーコンの操作に慣れておく必要がある。


by torasan-819 | 2020-12-23 02:39 | | Comments(0)
2020年 12月 23日
蔵王・刈田岳 ~ 2020年12月19日
蔵王・刈田岳 ~ 2020年12月19日_f0170180_01020177.jpg


山域山名 蔵王連峰 刈田岳(1,757.8m)
山行期間 2020年12月19日(土)
山行形態 山スキー
天候 曇り
参加者 2人(L:トラ山・K地)
行程 スキー場9:27~大黒天10:56~避難小屋12:15-13:06~大黒天13:47~スキー場14:18
行動時間 4時間51分 移動距離 13.0km 累積標高差 ±778m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-12-23 00:45 | 山スキー | Comments(0)
2020年 11月 30日
蔵王:水引入道から馬ノ神岳へ ~ 2020年11月23日
蔵王:水引入道から馬ノ神岳へ ~ 2020年11月23日_f0170180_00342593.jpg

南蔵王の馬ノ神岳(まのかみだけ)に行くという2人(S藤さん・K藤さん)に同行させてもらうことにした。地形図を見ても馬ノ神岳に山頂までの登山道は記されてない。林道から踏み跡が山頂方向に伸びているのだが途中でヤブの中に消えてしまう。なので山頂へ到達するにはヤブ漕ぎか積雪期ということになる。自分は何度か雪を踏んで登っているがそれ以外には登ったことがなかった。そんなわけで2人に興味半分でついていくことにした。



山域山名 水引入道(1,656m) 馬ノ神岳 (1,551m)
山行期間 2020年11月23日(月)
山行形態 一般登山
天候 曇り
参加者 3人(L:S藤・K藤・トラ山)
行程 駐車地点8:10~水引入道12:11-12:26~馬ノ神岳15:55-16:03~駐車地点16:55
行動時間 8時間45分 移動距離 6.1km 累積標高差 ±787m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-11-30 21:20 | | Comments(0)
2020年 08月 17日
蔵王・コガ沢滝沢 ~ 2020年8月16日
蔵王・コガ沢滝沢 ~ 2020年8月16日_f0170180_23543092.jpg


予定していた沢が前日からの雨で大増水で遡行不可能と、先に現地入りしていたS木kさんより連絡があった。このまま解散ももったいないので、急遽天気の良さそうな蔵王へ転進することにした。沢は勝手知ったるコガ沢とその支沢の滝沢にした。転進で3時間のロスがあったので、白石スキー場を歩き始めたのは午前10時も近くなっていた。遡行時間短縮のため、いつもの入渓ポイントではなく登山道がコガ沢を渡渉する地点から入渓することにした。スタートが遅い割に行動時間は長めになりそうだが、今日のメンバーなら大丈夫だろうとの判断である。



山域山名 蔵王 南屏風岳 コガ沢・滝沢
山行期間 2020年8月16日(日)
山行形態 沢登り
天候 曇り時々晴れのち曇り
参加者 6人(L:トラ山・S木k・K内・N山・H田・Hy)
行程 白石スキー場9:48~入渓11:28~10mナメ滝11:56~滝沢出合13:59~20m涸れ滝14:59~稜線登山道16:39-16:53~不忘山17:13~白石スキー場19:00
行動時間 9時間12分  移動距離 9.7km
標高 最低点833m 最高点1,753m  装備 ロープ30m×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-08-17 21:11 | 沢登り | Comments(0)
2020年 06月 27日
蔵王・雁戸山 ~ 2020年6月27日
蔵王・雁戸山 ~ 2020年6月27日_f0170180_21292632.jpg


山域山名   雁戸山(1,484m)
山行期間   2020年6月27日(土)
山行形態   一般登山
天候     曇り
参加者    4人(L:トラ山・K藤・F井・N山)
行程     笹谷古道入口13:13~仙住寺跡14:04~カケスガ峰15:12-15:30~雁戸山16:06-16:17~ニセ雁戸山16:35~象ヶ沢噴水17:34-17:52~
       笹雁新道入口18:33=笹谷古道入口18:37
行動時間   5時間20分
移動距離   12.8km
累積標高差  +1,069m -1,169m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-27 23:45 | | Comments(2)
2020年 06月 21日
蔵王・八方沢源頭(捜索) ~ 2020年6月21日
蔵王・八方沢源頭(捜索) ~ 2020年6月21日_f0170180_06413468.jpg

自分が所属している山岳遭難対策協議会(遭対協)の守備範囲は、蔵王においては南蔵王から中央蔵王にかけてである。その遭対協では毎年夏山訓練を行っているのだが、今年は6月21日に実施することになっていた。訓練といっても特別なことではなく、山の経験に乏しい地元警察署員の登山も兼ねた各登山ルートの状況確認に簡易整備が主であり、場合によっては搬送訓練などを行う程度である。県や支部によっては抱える山域に合わせ、本格的な救助訓練を行うところもあるようだ。今年の訓練では通常訓練に加え、実際の捜索を組み込んで行うこととなった。



山域山名   蔵王・八方沢源頭
山行期間   2020年6月21日(日)
山行形態   沢登り(捜索活動)
天候     晴れのち曇り
参加者    10人(遭対協6人・地元警察4人)※捜索班のみの人数
行程     駐車場8:50~熊野岳避難小屋9:30~追分10:16~B沢入渓10:51~1,550m二俣12:17~登山道13:21-13:28~1,550m二俣13:52~
       登山道14:30~熊野岳避難小屋14:40~駐車場15:15
行動時間   6時間25分
移動距離   11.0kⅿ
標高     最低点1,435m 最高点1,835m
装備     ロープ 30ⅿ(各班所持)



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-21 20:51 | 沢登り | Comments(2)
2020年 06月 17日
南蔵王縦走 ~ 2020年6月17日
南蔵王縦走 ~ 2020年6月17日_f0170180_01405226.jpg


この時期、不忘山周辺はフラワーロードとなる。蔵王でもハクサンイチゲの群落がみられるのは南蔵王に限られ、なかでも不忘山周辺に多く見られる。1年で最も登山者の多い時期となり、新型コロナで通常より少ないとは思うが、それでも多くの登山者が行き交っているようである。今回は白石スキー場を起点として、水引コースで南蔵王縦走路に合わせて北へ向かい、刈田峠のエコーラインで折り返して不忘山経由で白石スキー場に戻るというルートで歩いてみた。平日にも関わらず多くの登山者がいたが、大体は刈田峠からのピストン(折り返しは不忘山や芝草平など様々)か白石スキー場への片道である。アップダウンはあるが登りの標高差は小さいので人気のコースとなっている。芝草平は可愛いチングルマの花やヒナザクラが満開で、予想通り多くの花々を見ることができた。さらに不忘山では10年ぶりに山友と再会するなど、印象深い1日となった。



山域山名   南蔵王 水引入道(1,656m)屏風岳(1,825m)杉ヶ峰(1,745m)前山(1,684m)南屏風岳(1,810m)不忘山(1,705m)
山行期間   2020年6月17日(水)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    単独
行程     白石スキー場7:12~コガ沢渡渉点8:34~水引入道9:23~縦走路9:59~屏風岳10:11~芝草平10:32~杉ヶ峰10:54~
       前山11:05~エコーライン11:27~刈田峠避難小屋11:37~前山11:58~杉ヶ峰12:13~芝草平12:35~屏風岳13:02~
       南屏風岳13:29~不忘山13:52~白石スキー場15:36
行動時間   8時間24分
移動距離   21.0km
累積標高差  ±1,850m



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-17 19:23 | | Comments(0)
2020年 06月 15日
蔵王・小阿寺沢 ~ 2020年6月15日
蔵王・小阿寺沢 ~ 2020年6月15日_f0170180_07073565.jpg

沢登りを始めたいという25歳の若者(Hyさん)のために沢登りを計画した。自分としてもシーズンインのトレーニングを兼ねられるので好都合だ。彼の休日は14日だが自分は午前中に所用があり、行動できるのは午後からになってしまう。半日で遡行可能な沢となれば地元の小阿寺沢が良いだろう。小さな沢だが滝もそれなりにありトレーニング向きの沢なのだ。そういえば昨年の沢初めも小阿寺沢だったことを思い出す。さらにベテランのS木さんも参加することになったが、彼も小阿寺沢は今回が初めてとなる。心配なのは天気で予報によると午後から雨とのこと。少々の雨でも遡行するつもりだが、天候悪化の場合は現地で判断ということにしよう。



山域山名   蔵王・小阿寺沢
山行期間   2020年6月14日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇りのち雨
参加者    3人(L:トラ山・S木k・Hy)
行程     登山口(12:40)~入渓(12:50)~F1(13:09)~F3(13:40)~F4(14:28)~F6(15:13)~枝沢出合(15:20)~
       管理道入口付近(15:26)~スキー場ゲレンデ(15:54)~登山口(16:50)
行動時間   4時間10分
移動距離   6.6kⅿ
標高     最低点630m 最高点1,135m
装備     ロープ 30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2020-06-15 19:47 | 沢登り | Comments(0)