人気ブログランキング |
タグ:蔵王 ( 200 ) タグの人気記事

2019年 06月 15日
不忘山 ~ 2019年6月14日
f0170180_12091021.jpg

不忘山の花を見に行きたいのだが週末は天気が悪い予報。なのでトレーニングを兼ねて2日連続の出勤前登山とすることにした。自分が不忘山に登るルートは硯石登山口からが多いのだが、久しぶりに白石スキー場から登ることにした。スキー場の駐車場に車は自分だけ。ゲレンデを登ると登山道へと入る。このルートの中間部分は樹林の中ということもあり、乾いていることはあまりなく土質のせいかとにかくよく滑る。あちこちに登山靴の滑った跡があり登りでさえスリップに注意が必要だ。それでも一昨年にかなり補修工事されたようで、以前よりはある程度改善されていた。腹痛も出てきてペースも上がらず山頂は時間的に厳しいかと思ったが、花を見たさで頑張って登る。体力低下を実感しながらやっと山頂に到着。不忘山は南屏風岳にかけての稜線に花が多い。ハクサンイチゲが元気に咲いている。ユキワリコザクラは終わりかけで少しだけ残っていた。その他にもミヤマキンバイ、ミヤマオダマキ、イワカガミなど。小走りで下山すると登ってくる登山者3人とすれ違った。駐車場には車が20台ほどに増えていた。この時期の不忘山は花の山で人気なのだ。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2019年6月14日(金)
山行形態   トレーニング
天候     晴れ
参加者    単独
行程     スキー場4:44~白女山小屋跡5:02~弘法清水5:46~不忘の碑6:14~不忘山6:23-6:35~弘法清水6:57~スキー場7:29
行動時間   2時間45分
移動距離   8.2km
累積標高差  ±900m



画像はこちら

by torasan-819 | 2019-06-15 12:49 | | Comments(0)
2019年 06月 09日
蔵王・名号峰 ~ 2019年6月9日
f0170180_23171439.jpg

日曜日は午後から時間が取れたので、トレーニングがてら峩々温泉から名号峰まで登ってみた。体力低下をひしひしと感じる今日この頃ではあるが、落ちるに任せるわけにはいかない。さりとて無理しても逆効果になりかねないので、ほどほどが肝心と心得ているつもりだ。時間的にピストンはギリギリだろうと考えながら登ったが、意外にも思ったより足取りは快調だ。ガスでまったく展望のない名号峰の山頂を踏んだ後、追分まで足を延ばしてから折り返した。マイナールートのうえ天気も良くないので、上り下り誰にも会わなかった。自分としてはこんな一人だけの山歩きが性に合っている。下山すると汗をかいたせいか爽快感があり気持ちが良い。このくらいがちょうど良いトレーニングのようだ。



山域山名   名号峰(1,490.7m)
山行期間   2019年6月9日(日)
山行形態   一般登山
天候     曇り
参加者    単独
行程     峩々温泉13:55~猫鼻14:32~名号峰15:26~追分15:48~猫鼻16:52~峩々温泉17:15
行動時間   3時間20分
移動距離   9.6km
累積標高差  ±820m


f0170180_00075752.jpg


続きはこちら

by torasan-819 | 2019-06-09 22:31 | | Comments(2)
2019年 05月 29日
蔵王・刈田岳 ~ 2019年4月20日
f0170180_00312781.jpg

時間制限のある時はということでホームグラウンドの刈田岳へ。歳とともに野暮用が増えてきたのはK藤さんも自分も同じ。天気も安定しているのでハイキング気分での刈田岳ピストン。ゆっくりと行動しても4時間弱で下山。井戸沢はちょいと引っかかる雪だがまずまず快適な滑降だ。我々の他にはスキーヤーと登山者が数人だけ。皆さん鳥海山や月山に散ったのだろうか。厳冬期はなかなか山頂に立たせてもらえない刈田岳だが、春スキーならのんびりと楽しめる。地元に雪山があるというのはありがたいものだと思う。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2019年4月20日(土)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     すみかわスキー場10:00~ゲレンデトップ10:50~刈田岳12:23~昼食~すみかわスキー場13:38
行動時間   3時間38分
移動距離   未計測
累積標高差  未計測



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-29 07:05 | 山スキー | Comments(0)
2019年 05月 28日
蔵王・ピッケル捜索と井戸沢とM沢滑降 ~ 2019年4月29日
f0170180_18110679.jpg

3月24日の山スキーでピッケルを落としてしまったM崎さん。4月29日に探しに行くというので助っ人を買って出た。自分は3月30日に探しているのだが、積雪のせいもあったのか見つけられなかったのだ。M崎さんとしては、1ヶ月経つので雪が解けてピッケルが露出しているかもしれないという読みである。M崎さんはすみかわスキー場から歩くつもりでいたようだが、下部は雪消えで歩くのに苦労するだろうし、エコーラインも開通しているので上から下ることを提案した。



山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2019年4月29日(月)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・M崎)+H田(M沢のみ)
行程     ピッケル捜索と井戸沢滑降 9:16~11:05 M沢滑降 12:08~15:38
行動時間   5時間19分
移動距離   10.4km
累積標高差  +804m -1,161m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-28 19:40 | 山スキー | Comments(2)
2019年 05月 24日
蔵王・刈田岳 ~ 2019年3月30日
f0170180_22322476.jpg

昼過ぎまでなら時間が取れるので、半日限定で蔵王の刈田岳へ山スキーに行くことにした。先週屏風岳に行ったとき、でM崎さんがピッケルを落としたので、その捜索も兼ねての山行である。GPSを見ながら先週歩いたとおりにゆっくり歩くつもりだ。落とした日の画像を確認したところ、かなり捜索範囲が狭めることができた。井戸沢小屋から下へ約600mの範囲である。気がかりは数日前に降雪があったことだ。探すのは一人よりも二人の方が良いのでK藤さんを誘った。昨年はビーコンを探し当てた黄金コンビである。


山域山名   蔵王連峰 刈田岳(1,758m)
山行期間   2019年3月30日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     スキー場7:11~入山地点8:02~井戸沢8:21~清渓小屋9:16~エコーライン9:42~刈田岳避難小屋10:10-11:10~スキー場11:55
行動時間   4時間44分
移動距離   10.4km
累積標高差  ±700m




続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-24 23:08 | 山スキー | Comments(0)
2019年 05月 24日
蔵王・屏風岳 ~ 2019年3月24日
f0170180_22083561.jpg

積雪期に南蔵王を眺めると白い壁のようにそびえて見えるのが屏風岳の東面だ。日が当たると神々しく輝き南蔵王の盟主として圧倒的な存在感がある。この東面を滑るには様々な条件をクリアしなければならないが、意欲的なスキーヤー・ボーダーは少ないチャンスをものにして滑降しようと狙っている。その中の数少ない女性のひとりがO島である。若くて意欲のある彼女は、山スキーを始めてから5シーズン目で目下急成長中だ。現在は自らが計画しリーダーになり、飯豊などに行くことのできるレベルに達している。まだ滑ったことのない屏風岳にトライしたいと思うのも当然だろう。そんなO島が今度の日曜日に屏風岳東面にトライするという。予報によると今週半ばに降雨があり、週末は強風のうえ気温が上がらないようだ。となると東面はガリガリのハードバーンになり厳しい滑降条件が予想される。自分も参加させてもらうことにしたがO島にはダメ元だよと伝える。その他のメンバーはK東君とM崎氏というかなりパワフルなチームで、こうなると自分が一番非力のように思える。



山域山名   蔵王・屏風岳(1,825m)
山行期間   2019年3月24日(日)
山行形態   山スキー
天候     曇りのち晴れ
参加者    4人(L:О島・K東・М崎・トラ山)
行程     すみかわスキー場7:54~入山地点8:40~井戸沢9:00~金吹沢9:45~刈田峠避難小屋10:00-10:50~澄川出合11:00~
       稜線1,750m地点12:00-12:15~芝草平12:45~杉ヶ峰13:03~昼食~岳樺沢出合13:50~金吹沢14:25~井戸沢14:56~
       観光道路15:15~すみかわスキー場15:26
行動時間   7時間32分
移動距離   15.8km
累積標高差  ±1,138m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-24 00:22 | 山スキー | Comments(2)
2019年 05月 22日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2019年3月17日
f0170180_22502217.jpg

1ヵ月ぶりの山スキーである。2~3月は仕事の繁忙期のうえ定年退職も控え、余計な用事も重なって息つく暇もないほど忙しい日が続いた。残業から帰宅しても頭の中は仕事でいっぱいで、山に行く余裕もないというかその気にもなれなかった。それも少し落ち着いてきたので、久しぶりに山スキーに行くことにしたというわけである。前回から1ヶ月も空くと体力低下が心配になり、勝手知ったる蔵王で確認してみようと杉ヶ峰に行くことにした。



山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m)
山行期間   2019年3月17日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ時々曇り
参加者    3人(L:トラ山・K地・N山)
行程     すみかわスキー場7:50~入山地点8:37~井戸沢8:55~清渓小屋9:36~金吹沢9:50~刈田峠避難小屋10:00~澄川出合10:41~
       杉ヶ峰12:13~岳樺沢出合12:36~金吹沢13:00~井戸沢13:26~観光道路13:40~すみかわスキー場13:55
行動時間   6時間5分
移動距離   15.6km
累積標高差  ±1,080m




続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-22 01:58 | 山スキー | Comments(0)
2019年 05月 16日
蔵王・屏風岳 ~ 2019年5月12日
f0170180_01323488.jpg


都合で遠出できない12日は地元の蔵王しかない。さりとてさすがにこの時期の蔵王は滑るといってもかなり限られる。それでも下から見る屏風岳の東面はまだ白いので、何とか滑ることができるのではと思い行ってみることにした。アプローチはエコーラインの南蔵王縦走路口付近からとし、下山は秋山沢ルートを想定して計画した。とはいえ秋山沢ルートはすっかり雪がないだろうから、雪を拾って夏道に何とか乗せたらスキーを担いで歩くことにした。下山地点の東北大学蔵王観測所に1台デポするが、だめならピストンにすればいいのだ。


山域山名   蔵王・屏風岳(1,825m)
山行期間   2019年5月12日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・N山)
行程     エコーライン7:11~刈田峠避難小屋7:39~澄川出合8:12~芝草平付近9:22~屏風岳10:33-11:20~東面滑降~
       1410ⅿ地点11:38-11:47~1730m地点13:21~芝草平14:05~刈田峠避難小屋15:06~エコーライン15:35
行動時間   8時間24分
移動距離   12.1km
累積標高差  ±974m




続きはこちら

by torasan-819 | 2019-05-16 02:01 | 山スキー | Comments(2)
2019年 01月 12日
蔵王・水引入道 ~ 2019年1月12日
f0170180_14161290.jpg


山域山名   蔵王連峰 水引入道(1,656m)
山行期間   2019年1月12日(土)
山行形態   山スキー
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     白石スキー場13:25~斜面取り付き13:36~水引入道15:56-16:07~林道17:06~白石スキー場17:19
行動時間   3時間54分
移動距離   8.3km
累積標高差  ±844m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-01-12 19:49 | 山スキー | Comments(0)
2018年 12月 31日
蔵王・不忘山 ~ 2018年12月31日
f0170180_00402317.jpg

2018年最後の山は地元の最高峰である不忘山へ。何かと忙しい昨今だが、短時間でアプローチできる地元の山はありがたい。とは言え不忘山は侮りがたし。特に冬期間は登頂のハードルが高くなる。さて、今シーズンの不忘山はまだまだ積雪量が十分ではない。当然ヤブは埋まっていないと思われたが、それを覚悟のうえで山スキーに向かった。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2018年12月31日(月)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れのち曇り
参加者    2人(L:トラ山・K藤)+ 山友(sharizaka・M浦)
行程     白石スキー場7:58~ゲレンデトップ8:36~不忘山11:17-11:25~白石スキー場12:50
行動時間   4時間52分
移動距離   7.0km
累積標高差  ±880m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-12-31 22:21 | 山スキー | Comments(6)