タグ:蔵王 ( 188 ) タグの人気記事

2018年 10月 17日
蔵王・水引入道(ルートミス検証)~ 2018年10月14日
f0170180_21160738.jpg


山域山名   蔵王連峰 水引入道(1,656m)
山行期間   2018年10月14日(日)
山行形態   一般登山
天候     曇り時々小雨
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     白石スキー場12:48~コガ沢渡渉点14:12~水引コース分岐14:50~水引入道15:00~林道16:25~白石スキー場16:50
行動時間   4時間2分
移動距離   9.5km
累積標高差  ±940m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-10-17 07:55 | | Comments(2)
2018年 08月 12日
蔵王・小屋ノ沢 ~ 2018年8月11日
f0170180_10343606.jpg


山の日の11日は蔵王の小屋ノ沢を日帰りで遡行することにした。先日の沢合宿で予定していた沢なのだが、台風の影響でやむなく変更したのでリトライということだ。小屋ノ沢は通常2日間で遡行されるのだが、工夫すれば日帰りでの遡行が可能だ。今回は峩々温泉に下山することにして、距離と時間を短縮することにした。車のデポが必要になるが、地元の利を生かせばさほどの手間ではない。なお、登山道あるいは沢下降での周回ルートでも日帰りが可能だ。その場合は足並みのそろった少人数のパーティーとしたい。


山域山名   蔵王・小屋ノ沢本流
山行期間   2018年8月11日(土)
山行形態   沢登り
天候     曇り時々晴れ
参加者    5人(L:トラ山・W井・E藤・F井・T葉)
行程     峩々温泉5:40=林道終点7:25-7:40~二俣8:11~淵(高巻き)8:27~魚止の滝10:23~12m滝10:46~875m二俣11:33~
       1,000m二俣12:33~30m大滝13:12-14:35~1,200m二俣15:06~登山道16:40-16:54~峩々温泉18:08=林道終点19:10
行動時間   10時間28分
移動距離   8.5kⅿ
標高     最低点670m 最高点1,390m
装備     ロープ 50ⅿ×1・30ⅿ×1




続きはこちら

by torasan-819 | 2018-08-12 16:37 | 沢登り | Comments(1)
2018年 08月 05日
蔵王・コガ沢 ~ 2018年8月5日
f0170180_01131352.jpg

南屏風岳は地元の山で我が家からも眺められることもあり、尾根歩きに沢登りや山スキーで幾度となく登り滑っている。今回は南屏風岳の東面を源頭とするコガ沢を、稜線まで詰め上げてみることにした。コガ沢は何度も遡行しているのだが、本流を稜線までというとまだ1度しか詰めたことがない。良い機会なのでW井さんのトレーニングも兼ねて遡行することにした。


山域山名   蔵王・コガ沢
山行期間   2018年8月5日(日)
山行形態   沢登り
天候     曇り
参加者    2人(L:トラ山・W井)
行程     スキー場8:04~入渓8:40~5mナメ滝9:10~権現沢出合9:45~10mナメ滝10:14~8m滝11:07~
       滝沢出合11:23~黒滝沢出合11:28~登山道13:29-13:45~不忘山14:17~スキー場15:48
行動時間   7時間44分
移動距離   10.0kⅿ
標高     最低点840m 最高点1,810m
装備     ロープ 30ⅿ×1



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-08-05 20:21 | 沢登り | Comments(0)
2018年 07月 29日
蔵王・小阿寺沢で沢トレーニング ~ 2018年7月22日
f0170180_12220595.jpg


沢登り初心者のトレーニングとの要望があり、蔵王の小阿寺沢を遡行することにした。以前は毎年来ていた小阿寺沢だが、記録を見ると4年ぶり7回目になるようだ。小阿寺沢は入渓も下山も容易な比較的コンパクトな沢だが、適度に滝があり初心者のトレーニングにも向いている。今回は初級者4人、初心者3人での8人パーティーだが、小阿寺沢は自分以外全員初めてとなる。なお、沢慣れたパーティーなら半日での遡行も可能だろう。
歩き方、登り方、スタンスやホールドの見つけ方など、いくらでもレクチャーすることがある。人の話を聞いたり机上学習だけでは単なる知識にとどまるので、自分の体で実体験してもらい経験とすることが重要だ。これまでリードしたことのない初級者にもロープも積極的に扱ってもらうことにした。このところ降雨がないので水量はかなり少なめだったが、初心者トレーニングにはかえって良かったと思う。全体としては充実したトレーニングができたが、途中でバランスを崩して転倒し、指を怪我するというアクシデントがあった。幸い遡行には支障がない程度だったので良かったが、足でも怪我をすると厄介なことになっただろう。沢登りでは何があるか分からないと、あらためて気を引き締める良い機会となった。


山域山名   蔵王・小阿寺沢
山行期間   2018年7月22日(日)
山行形態   沢登り
天候     晴れ
参加者    8人(L:トラ山・W井・O島・H田・A部・S藤(M)・S藤(A)・F井)
行程     登山口9:52~入渓10:02~F1(10m)10:33~F3(2段15m)11:30~F4(7m)13:34~F6(6m)14:41~
       枝沢出合15:00~管理道15:12~スキー場ゲレンデ15:35~登山口16:57
行動時間   7時間5分
移動距離   未計測
標高     未計測
装備     ロープ 30ⅿ×2



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-07-29 00:00 | 沢登り | Comments(2)
2018年 07月 14日
蔵王での行方不明者捜索顛末 ※発見されました
f0170180_14142055.jpg

27日の夕方、まだ仕事中だったが携帯が鳴った。山岳遭難対策協議会(山遭協)の班長からで、蔵王の登山者で行方不明者があり、明日の捜索に出動できるかとの連絡だった。非常に忙しかった仕事もやっとピークを過ぎ、たまたま28日はスケジュールが空いていたので、休日出勤の代休を当てることにした。行方不明者は仙台の単独男性27歳で、26日に蔵王連峰の熊野岳などへ登山に向かったが、夜になっても帰宅せず家族が届け出たとのことだ。27日朝から捜索が開始されたが、登山道中心の捜索では発見できなかったのだ。



7月14日、行方不明者は濁川左岸を偶然通りかかった登山者により発見され、やっとご家族のもとに帰ることができました。ご冥福をお祈りします。あくまでも推定ですが、倒れていた場所から見て滑落と思われます。発見された区域もヘリと徒歩により捜索されていたはずですが、なぜその時は発見できなかったのか不思議です。今後自分なりに検証してみたいと思います。




続きはこちら

by torasan-819 | 2018-07-14 15:36 | | Comments(7)
2018年 06月 27日
蔵王・聖山平からの屏風岳 ~ 2018年6月24日
f0170180_06103577.jpg

今日も午後からの山登り。暑いのは覚悟のうえで向かったのはやはり蔵王だ。昨日は南蔵王だったので、今日は聖山平から屏風岳に登ってみることにした。登山者の少ないルートだが、登山道の状況を確認しながら歩いてみるのも悪くはない。


山域山名   蔵王連峰 屏風岳(1,825m) 杉ヶ峰(1,744.7m) 前山(1,684m)
山行期間   2018年6月24日(日)
山行形態   一般登山
天候     晴れ時々曇り
参加者    単独
行程     聖山平口13:36~股窪14:12~ろうづめ平14:38~縦走路分岐15:22~屏風岳15:36~芝草平16:05~
       杉ヶ峰16:28~前山16:40~刈田峠避難小屋16:56~南蔵王口17:08~股窪18:18~聖山平口18:48
行動時間   5時間12分
移動距離   14.3km
累積標高差  ±956m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-06-27 07:06 | | Comments(0)
2018年 06月 23日
蔵王・不忘山~南屏風岳 ~ 2018年6月23日
f0170180_09501536.jpg

5月26日以来、約1ヵ月ぶりの山登りだった。山に行く時間も気持ちも切り捨て、仕事に集中しなければならなかったからだ。まだ仕事は連山縦走で言えば前半の最大ピークをやっと登り終えたところだ。これから後半にかかる前のインターバルという感じだが少しは山に行けるだろう。これまで毎週のように山に向かっていた自分だが、しばらく山に行かないとそれが普通になり、気持ちが山に向かなくなるから不思議というか恐ろしい。これではいかんと重くなった腰を上げることにした。しかし、午後から家を出ての限られた時間なので、地元の不忘山、調子が良ければ南屏風岳までと考えた。山に行かないのでこの頃走行距離がさっぱり延びないマイカーを走らせる。硯石登山口から登り始めるとほどなく、下山するツアー登山らしき大人数のパ―ティーとすれ違う。以降は下山まで静かな一人旅となった。6月の不忘山は花の不忘山と言われるほどで、上旬から中旬にはハクサンイチゲやユキワリコザクラなどのフラワーロードが楽しめる。先ほどのツアー登山も花狙いかと思う。しかし、今年は花が少し早いということもあり、期待薄かなと思っていた。自分としては登れればそれだけで十分なのだが、花も見ることができればやはり嬉しい。ゆっくり登ったこともあるのか思ったより順調に不忘山に登頂できた。山頂から南屏風岳への稜線はハクサンイチゲのお花畑なのだが、やはりほとんど終わっていた。それでもわずかに残っていたので見ることはできた。足も問題ないのでそのまま南屏風岳まで往復して下山したが、山に登ればやはり山は良い!でした。


山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m) 南屏風岳(1,810m)
山行期間   2018年6月23日(土)
山行形態   一般登山
天候     曇り
参加者    単独
行程     硯石登山口14:04~不忘山15:40~南屏風岳16:06~不忘山16:34~硯石登山口17:41
行動時間   3時間37分
移動距離   9.9km
累積標高差  ±1,211m



花の画像です

by torasan-819 | 2018-06-23 20:40 | | Comments(2)
2018年 05月 04日
蔵王・熊野岳東面 ~ 2018年4月30日
f0170180_00364531.jpg

蔵王は樹氷のイメージなどで多雪の印象があるかもしれないが、宮城県側は太平洋側気候となり月山や鳥海山などの日本海側の山からすればかなり少ない。さらに、今年はどこもそうだが雪解けが早い。山スキーシーズンも例年より早く終了となりそうだ。もう無理かとも思われたが、3日前にF井さんが滑ったとの情報を得て、熊野岳の東面を滑ってみることにした。刈田駐車場ではあまりの雪の少なさに帰ろうかと一瞬思ったくらいだが、気を取り直してスタートした。当然、途中から板を担いで雪渓上端に到達。スキーの跡が残っており、午前中に複数の先行者がいたらしい。丸山沢の上まで滑り降りてから左へトラバースし、東面の大きな天然ゲレンデ上端に出る。駒草平の観光客が小さく見え、同じ蔵王でもあちらとこちらの違いに何やらおかしくなる。蔵王での今シーズン最後となるであろう滑降なので、ターンをひとつひとつ丁寧にしながら滑り降りる。時間があればもう1本と行きたいが、午後スタートではそれもかなわない。シールを貼って登り始めると、2日間の鳥海山ツアーの疲れを感じる。ペースを落としてゆっくりと登り返すことにした。


山域山名   蔵王・熊野岳(1,841m)東面
山行期間   2018年4月30日(月)
山行形態   山スキー
天候     曇り時々晴れ
参加者    単独
行程     刈田駐車場12:30~雪渓上端13:33~1,410m地点13:46-13:54~雪渓上端15:09~刈田駐車場15:50
行動時間   3時間20分
移動距離   6.8km
累積標高差  ±633m



by torasan-819 | 2018-05-04 23:28 | 山スキー | Comments(0)
2018年 04月 13日
蔵王・不忘山 ~ 2018年4月8日
f0170180_00025500.jpg

8日の予報では山の天気はあまり良くなかったが、山仲間から山スキーのオファーがあり行くことになった。ただし、所用のため午後2時には帰宅したいのであまり選択の余地はない。結局、時間の読める近場の不忘山に登ることにした。今シーズンは不忘山への山行が多いのだが、自宅から近いこともあり半日で山頂ピストンが可能なことも理由になっている。



山域山名   蔵王連峰 不忘山(1,705m)
山行期間   2018年4月8日(日)
山行形態   山スキー
天候     晴れ・上部ガス
参加者    3人(L:トラ山・N井田・W井)
行程     白石スキー場8:33~ゲレンデトップ9:18~不忘山11:10-11:16~ゲレンデトップ12:02~白石スキー場12:19
行動時間   3時間46分
移動距離   7.4km
累積標高差  ±867m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-04-13 22:06 | 山スキー | Comments(0)
2018年 03月 30日
蔵王・杉ヶ峰 ~ 2018年3月27日
f0170180_07494713.jpg


実は24日の杉ヶ峰 ではまったくもって恥ずかしい失敗をしてしまった。杉ヶ峰へのピストンを終えてすみかわスキー場へ戻りザックを降ろした。スキーをキャリアに載せて装備を片付けながら、さてビーコンを外そうとホルダーを見ると納まっているはずのビーコンが無い。もう車に入れたかなとも思ったがそんな記憶はない。思い当たる節があり落としたのだと悟った。しばらく前にビーコンのストラップが切れてしまい、そのうち何か代用品を見つけて付け直さなければと思いつつ、まだそのままにしていたのだ。普通に歩いているだけならホルダーに納まっているビーコンが落ちることはない。しかし、何かの拍子にホルダーから抜け落ちる可能性はある。だからこそのストラップでもあるのだ。「落とす可能性のあるものはいつか必ず落とす」と常日頃から人にも話していた自分なので、これはかなり情けないことである。時間的に戻って探すこともできず、とりあえず帰るしかなかった。雪山で落し物をすれば発見はかなり困難だが、落としたビーコンは電波の発信を続けているので、別なビーコンで探知ができるだろう。探すなら天気が良くてトレースが残っている可能性の高いここ数日間だ。ビーコンの電池寿命は200時間程度とされているが、自分のビーコンは電池交換してから何日か使用しているので持っても150時間くらいだろう。いずれにしても助っ人が欲しい。K藤さんに話すと火曜日なら大丈夫とのこと。仕事も忙しいが何とか半日の時間をひねり出し捜索に向かうことにした。


山域山名   蔵王連峰 杉ヶ峰(1,744.7m)
山行期間   2018年3月27日(火)
山行形態   山スキー
天候     晴れ
参加者    2人(L:トラ山・K藤)
行程     すみかわスキー場7:04~入山地点8:07~井戸沢8:25~金吹沢8:59~澄川9:13~杉ヶ峰10:42-11:05~岳樺沢出合11:26~
       金吹沢11:45~井戸沢12:09~観光道路12:25~すみかわスキー場12:43
行動時間   5時間39分
移動距離   12.0km
累積標高差  ±848m



続きはこちら

by torasan-819 | 2018-03-30 22:40 | 山スキー | Comments(0)