タグ:蔵王 ( 174 ) タグの人気記事

2010年 11月 02日
蔵王横川支流 空沢 ~ 2010年10月3日
f0170180_327166.jpg

======================================================================
山域山名   蔵王連峰・横川支流空沢
山行期間   2010年10月3日(日)
山行形態   沢登り(キノコ採りの予定が調査山行に)
地形図    不忘山
天候      曇り時々晴れ
参加者    4人(L:ナマステさん、チャリマーさん、小○さん、トラ山)
行程      空沢入渓9:32~30m滝9:46~再入渓10:38~ナマステP合流12:23~ヤブ13:04~湿原13:28~林道17:03
行動時間   7時間31分
移動距離   約6.5km
累積標高差  約700m
======================================================================
ナマステさんの企画に急きょ参加。キノコ採りの予定と聞いている。しかし朝集合場所に着いたとたん急用が入り、行くのは諦めて自分だけ自宅に戻った。しかし1時間半ほどであっけなく用事が終わってしまい、迷ったが後を追いかけることにする。分かっているのはナマステさんは横川支流の天神沢近くから古い登山道?をたどり途中で沢も遡行するということだけ。地図を見れば天神沢はわかるが、古い登山道なんて歩いたことはないし取り付き箇所も不明だ(昭文社の登山地図には薄い点線で廃道とされている)。ただしこの前のナンバ沢の時にナマステさんが「ここいらから入る道がある」と言っていたのは覚えている。その「ここいら」というのがホントにここいらなのでハッキリしない。取り付きを見つけたにしても1時間半遅れでの出発だ。追いついて合流できるのだろうかかなり不安。しかし既に行く気モードの私はとにかく向かうことにする。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-11-02 03:28 | 沢登り | Comments(2)
2010年 10月 03日
不忘山の紅葉始まる ~ 2010年10月2日
f0170180_8115014.jpg
10月2日に不忘山に登った。今年は9月に入っても暑い日が続き、紅葉も遅くなるだろうといわれていた。事実例年より山の紅葉は遅いようだ。そうは言っても季節は確実に歩みを進めている。今年はまだ紅葉には少し早いかなと思いながら不忘山に登ったのだが、あにはからんやかなり紅葉は始まっていた。錦秋とまではいかないが、緑の中に浮かぶ黄や赤もなかなか良いものだ。秋晴れの爽やかな空の下、山頂から眺める景色はなんとも気持ちが良かった。この進み具合では、今週中頃から紅葉の見頃を迎えるのではないだろうか。天気との関係もあり、なかなかちょうど見頃の時期に登るのは難しいのだが、狙ってみる価値はあるだろう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-10-03 08:15 | 自然 | Comments(10)
2010年 09月 20日
子ども達との不忘山 ~ 2010年9月18日
f0170180_12543732.jpg

============================================================
山域山名   蔵王連峰・不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年9月18日(土)
山行形態   一般登山
地形図    不忘山
天候      曇り時々晴れ
参加者    25人(サッカースポーツ少年団員12人と父兄・後援会など13人)
行程      スキー場8:35~白女山小屋跡8:57~弘法清水10:16~不忘の碑11:20~不忘山11:34-12:24~
         不忘の碑12:33~弘法清水13:24~白女山小屋跡14:49~スキー場15:13
行動時間   6時間38分
移動距離   約8.4km
累積標高差  約+880m -880m
============================================================
息子はサッカースポーツ少年団に入っているのだが、毎年この時期に合宿がある。今年の合宿行事は不忘山登山となり、子ども達12人(小2~小6)と監督・コーチや父兄の13人の計25人で登った。自分が山好きということは皆に知られているので、詳細なプランの作成を仰せつかった。不忘山には10回ほど登ってはいるが単独行がほとんどであり、大人数でしかも子どもが半分というグループ登山は初めての経験。それなりにコースタイムを検討して計画を作成した。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-09-20 23:08 | | Comments(5)
2010年 08月 27日
蔵王横川本流からナンバ沢を遡行 ~ 2010年8月22日
f0170180_20413061.jpg
============================================================
山域山名   蔵王山・横川ナンバ沢
山行期間   2010年8月22日(日)
山行形態   沢登り
地形図    蔵王山
天候      晴れ
参加者    6名(L: Yoshikiさん・ナマステさん・加○さん・odamakiさん・河○さん・トラ山)
行程      刈田駐車場8:10=南蔵王林道=舟引橋9:30-9:42~一枚石沢出合10:26~横川堰11:00~
         滝(12m)11:30~二俣(入ナンバ沢出合)13:03~二俣14:19~刈田峠(登山道)15:11~
         刈田駐車場15:51=不忘山林道=船引橋17:30
行動時間   6時間09分
移動距離   約6.8km(図上計測) ※うち沢区間約4.7km
累積標高差 約+660m -60m(図上計測) ※うち沢区間約+570m -30m
============================================================
22日は白峰会のHさんの企画でナンバ沢の沢登りの計画があり、以前よりナンバ沢が気になっていた私としては、渡りに船とばかりに同行させてもらうことにした。Hさんのプランは、刈田駐車場のあたりから一枚石沢を下降し、横川堰、ナンバ沢を登って源頭を詰めるというもの。ナンバ沢は上流部で二俣になるが、どちらにするかは現地の状況次第とした。始めはナマステさんと河○さんと私の3人であったが、日曜日が近くなるとさらに3名が参加することになった。そのうちの1人Yoshikiさんは、沢登りも山スキーもクライミングも何でもこなすオールラウンダーで、沢登りでも数々の沢を遡行してきた方だ。Yoshikiさんは「TOUHOKU YAMASKI SAWANOBORI」というホームページを持っていて、私も以前から見させてもらっていたが、一緒に行動するのは今回が初めてなので楽しみである。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-08-27 01:47 | 沢登り | Comments(3)
2010年 08月 21日
三階の滝
f0170180_21151551.jpg

友達を訪ねて蔵王に行ったら不在であった。
すぐ帰るのも何なので三階の滝を見て涼んでくることにした。
三階の滝は後烏帽子岳東面を流れる石子沢から澄川へ落下する滝だ。
3段になっている様から三階の滝と名付けられたらしい。
高さ181m、幅7mとされていて、なかなか見応えのある滝だ。
普通は対岸の滝見台から遠く眺めるのだが、林道と遊歩道で澄川まで降りて見ることができる。
そこからさらに滝の落ち口までも行けるが、気軽に行ける場所ではない。
はるか頭上から飛沫となって落ちてくる水は風を呼び近くにいるだけで涼しい。
ちょっと贅沢な納涼のしかただね。
f0170180_21153345.jpg


by torasan-819 | 2010-08-21 21:16 | 自然 | Comments(6)
2010年 07月 18日
後烏帽子岳(トレーニング) ~ 2010年7月18日
          後烏帽子岳山頂からの屏風岳
f0170180_20152272.jpg

============================================================
山域山名   蔵王連峰・後烏帽子岳(1,681m)
山行期間   2010年7月18日(日)
山行形態   トレーニング
地形図    蔵王山
天候      晴れ時々曇り
参加者    単独
行程      登山口8:37~林道分岐8:43~小沢渡渉8:51~後烏帽子岳10:29-11:00~登山口12:14
行動時間   3時間37分
移動距離   約9.8km
累積標高差 約+950m -950m
============================================================
トレーニングで登ったが暑い日でペースが上がらない。登り始めて早々とのんびりモードになってしまった。この秋山沢コースは始めて歩いたが、登山者は少ないらしく道が荒れていない。この日は山頂も含めて行き帰り誰にも会わなかった。静かな山歩きをするにはうってつけの登山道だろう。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-07-18 14:41 | | Comments(0)
2010年 07月 16日
小阿寺沢 ~ 2010年7月12日
f0170180_17181483.jpg

============================================================
山域山名   蔵王・白石川松川流域澄川支流 小阿寺沢
山行期間   2010年7月12日(月)
山行形態   沢登り
地形図    蔵王山
天候      曇り
参加者    2名(L:トラ山・和○さん)
行程      登山口(10:21)~F1(10:49)~F2(11:11)~F3(11:20)~F4(11:59)~F5(12:50)~F6(12:55)~
         支沢分岐(13:03)~管理道(13:37)~スキー場ゲレンデ(13:49)~登山口(14:47)
行動時間   4時間26分
移動距離   約6.5km(図上計測)
累積標高差 約+625m -625m(図上計測)
============================================================
蔵王の沢である小阿寺沢には昨年単独で登った。今年は和○さんと2人で行ってみることにした。昨年の印象では小振りな沢だが変化があって面白いと感じた。さて1年ぶりの小阿寺沢はどんな顔を見せてくれるだろうか。今日は曇りでそれほど暑くはなく沢登りにはまずまずの天気だ。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-07-16 14:54 | 沢登り | Comments(8)
2010年 07月 14日
蔵王の振子沢を沢登り ~ 2010年7月10日
f0170180_13121586.jpg

============================================================
山域山名   蔵王山・濁川振子沢
山行期間   2010年7月10日(土)
山行形態   沢登り
地形図    蔵王山
天候      曇り
参加者    6名(L:ナマステさん・Fさん・odamakiさん・Sさん・チャリマーさん・トラ山)
行程      賽ノ磧8:21~振子沢出合8:58~振子滝手前9:37-9:47~下段落口9:56~上段落口10:19~
         休憩10:40-11:00~お釜11:38~濁川源頭11:56~濁川(大黒天)13:08~不帰ノ滝落口13:37~
         濁川(大黒天)14:24~大黒天14:36
行動時間   6時間15分
移動距離   8.3km
累積標高差 +830m -632m
============================================================
ナマステさんから振子沢へ行くよとの誘いがあり、昨年から振子沢に行きたいと思っていた自分はすぐ話に乗ることにした。朝ナマステさんと合流し遠刈田温泉近くの集合場所へ行くと、既に他の方達は集まっていた。男女3人ずつで6名のパーティーなのだが、ナマステさんの人脈で集まっただけに各々素性はバラバラ。しかしそれだけに新鮮で面白い沢登りが出来そうだ。スタート地点となる賽ノ磧の駐車場にいったん移動し、さらにゴール地点の大黒天に下山用の車を2台デポしておく。天候は曇りで蔵王の上の方はガスの中で見えない。風もあるので稜線歩きならあまり楽しくないかもしれないが、今日の沢登りには何の支障もない。沢装備を身に付け準備を終えると賽ノ磧の駐車場を出発する。

続きはこちら

by torasan-819 | 2010-07-14 20:49 | 沢登り | Comments(8)
2010年 07月 09日
不忘山 ~ 2010年7月9日
f0170180_5544588.jpg

============================================================
山域山名   蔵王連峰・不忘山(1,705.3m)
山行期間   2010年7月9日(金)
山行形態   トレーニング
地形図    不忘山
天候      曇り
参加者    単独
行程      スキー場9:31~白女山小屋跡9:45~弘法清水10:18~不忘の碑10:45~不忘山10:53-11:02~
         弘法清水11:22~スキー場11:58
行動時間   2時間27分
移動距離   約8.4km
累積標高差 約+880m -880m
============================================================
約1ヶ月ぶりの不忘山に登った。我が職場は宿直明けの場合、午前中は自宅へ戻り食事や入浴と休憩が取れるが、午後からは普通に仕事となる。前日から朝にかけて宿直だった私は、午前中の休憩時間を利用して不忘山にトレーニングに行ったのだ。時間的にギリギリかなと思ったが、まあ何とか間に合うだろうと読んでのトライだ。

自宅に戻って朝飯をかき込み、着替えをするとすぐ登山口の白石スキー場へ向かった。いつもは硯石ルートを好んで登るのだが、今日は時間的に厳しいので、登山口の標高が硯石登山口より100mほど高い白石スキー場から登ることにした。硯石ルートよりいくらかタイムが短くなるだろう。

スキー場の駐車場に車を止めさっそく歩きだす。天気は曇りで昨日ほど蒸し暑くはないが、それでも汗が噴き出てくる。流れる汗をぬぐうこともせずひたすら足を前へと運ぶ。なんと実はこのスキー場ルートを登るのは初めてだ。不忘山には冬も含めてずいぶん登り何度か下山には使ったが、今まで登る気がおきなかったのだ。登山道がかなり荒れているというのも敬遠してきた理由の一つ。

登り始めると案の定荒れていて滑る。スパイク長靴履いてくるんだったと思うくらいだ。登っている途中年配のご夫婦?を追い越す。梅雨時の低い雲の上に出たようで爽やかな空が広がる。前半頑張りすぎたか弘法清水から先の急登で少々ペースダウン。それでも足は前へ前へと本能のように動いていく。

駐車場から登り初めて1時間22分で山頂到着。硯石より標高差はないが距離が若干長いことも考えるとこんなものか。先月はずいぶん咲いていた花も今は過ぎたが、ミネウスユキソウとタカネバラなどが咲いていた。腰を下ろして休むこともなく、カメラであちこち撮ってから下山開始。いや~滑る滑る。粘土質の土がホントによく滑る。私はあまり滑って転ぶということはないのだが、この土ではどうにもならない。何度か尻餅をついてしまった。やはり硯石ルートの方が滑らず歩きやすい。

滑りながらも駆け下ったので、山頂から1時間とかからず駐車場に着いた。誰もいない駐車場で堂々と着替えをして急ぎ自宅へ戻る。シャワーを浴びてバナナ3本を口に詰め込むと職場へと向かった。午後の始業にセーフ。ん~結構スリルあったなあ(笑)

by torasan-819 | 2010-07-09 19:16 | | Comments(2)
2010年 06月 29日
青麻山(トレーニング) ~ 2010年6月29日
f0170180_7432618.jpg

============================================================
山域山名   青麻山(799.5m)
山行期間   2010年6月29日(火)
山行形態   トレーニング
地形図    白石
天候      曇り
参加者    単独
行程      無線中継所16:22~青麻山16:50-17:00~無線中継所17:16
行動時間   54分
移動距離   約3.4km
累積標高差 約+370m -370m
============================================================
午前6時に早出した仕事が午後3時に終わり、夕方まで間があったので久しぶりに青麻山(あおそさん)に登った。
標高も距離もさほどでない青麻山は、時間がないときにサッと登るのにちょうどいい。
この3年で何度も登った青麻山は、この頃山行というよりはトレーニングの場となってしまった。
だから水とタオルだけ持って軽装で登る。
この日みたいな滑りやすい日はスパイク長靴だ。
登り始めると先々週の飯豊効果か、登りがいつもより緩く感じられる。
体も調子がいいので勢いにまかせて登る。
ガスで何も見えない山頂に息を荒げて駆け上ったら、今までの最短タイムが出た。
流れる汗が気持ちいい。
爽快だ!

by torasan-819 | 2010-06-29 18:23 | | Comments(2)