人気ブログランキング |
タグ:青麻山 ( 22 ) タグの人気記事

2019年 06月 22日
青麻山(37回目)・あけら山 ~ 2019年6月22日
f0170180_05220090.jpg

トレーニング山行。ガスがかかって薄暗かった。急斜面のトラバース個所はかなりスリップしやすい。青麻山とあけら山のコルからあけら山への細尾根は北側がかなり切れ落ちている。笹や灌木で隠されそうは見えないが落ちたらただでは済まないので注意したい。


山域山名   青麻山(799.2m) あけら山(820m)
山行期間   2019年6月22日(土)
山行形態   トレーニング
天候     曇り
参加者    単独
行程     無線中継所17:12~青麻山17:47~あけら山18:02~青麻山18:16~無線中継所18:41
行動時間   1時間29分
移動距離   約4.5km
累積標高差  約±560m


f0170180_05445896.jpg


by torasan-819 | 2019-06-22 22:56 | | Comments(0)
2019年 06月 20日
青麻山(36回目)・パラコース ~ 2019年6月20日
f0170180_23013407.jpg


山域山名   高倉山(665.8m) 青麻山 (799.2m) あけら山 (820m)
山行期間   2019年6月20日(木)
山行形態   トレーニング
天候     曇り
参加者    単独
行程     パラコース登山口5:00~高倉山5:25~高萩分岐5:40~遠白分岐5:58~七五六山6:10~あけら山6:20~青麻山6:32~
       あけら山6:48~遠白分岐7:02~高萩分岐7:17~パラコース登山口7:40
行動時間   2時間40分
移動距離   9.8km
累積標高差  ±863m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-06-20 20:44 | | Comments(0)
2019年 06月 17日
青麻山(35回目)~ 2019年6月16日
f0170180_05481854.jpg

風が強く時おり小雨の降る天気だったが、午後から空が明るくなってきたのでトレーニングがてら青麻山に向かった。久しぶりの青麻山とは思ったが、記録を見ると前回は1年7ヵ月前だった。そんなに前とは思っていなかったのでちょっと驚いた。本当にあっという間に時間が経ってしまう。モミジイチゴの季節だなと思いながら登ると、道の脇に黄色い実がたくさんなっていた。さっそく口に入れるとさっぱりした甘さで美味しい。ちょっとした山の恵みを見つけながら歩くのは楽しいものだ。平地では結構吹いていた風も、風向きもあるのだろうか青麻山ではほとんど当たらなかった。青麻山の標高は国土地理院地図により799.5mと思っていたが、いつの間にか799.2mに変わっていたことに今回気が付いた。他の山も確認が必要だな。


山域山名   青麻山 (799.2m)
山行期間   2019年6月16日(日)
山行形態   トレーニング
天候     曇り
参加者    単独
行程     下別当登山口15:40~青麻山16:32~無線中継所17:01~下別当登山口17:28
行動時間   1時間48分
移動距離   約4.9km(参考)
累積標高差  約±560m(参考)



by torasan-819 | 2019-06-17 07:00 | | Comments(0)
2019年 06月 15日
あけら山・青麻古道 ~ 2019年6月13日
f0170180_07583478.jpg


天気予報では13日は快晴らしい。平日だが梅雨の晴れ間は貴重なので朝にひと山登ることにした。出勤前の数時間なので近場の青麻山にいつもの電波中継所から登ろうと思ったが、ふと昨年に整備された新しい道があることを思い出した。まだ歩いたことがなかったので調べると、パラコース登山口と北原尾登山口など複数の登山口があるようだ。パラコースは距離もあるので時間的に無理と思い北原尾から登ることにした。これらの道はもともとあった道も利用し蔵王古道の会で整備したのだという。


山域山名   あけら山(820m)
山行期間   2019年6月13日(木)
山行形態   トレーニング
天候     晴れ
参加者    単独
行程     北原尾登山口5:46~カタクリの丘6:04~遠刈田横柴登山口6:15~カタクリの丘6:30~あけら山7:01~北原尾登山口7:31
行動時間   1時間45分
移動距離   6.9km
累積標高差  ±665m



続きはこちら

by torasan-819 | 2019-06-15 08:18 | | Comments(0)
2017年 11月 19日
青麻山(34回目)とあけら山に登る ~ 2017年11月18日
f0170180_06490701.jpg
                    青麻山の山頂


山域山名   青麻山(799.5m) あけら山(810m)
山行期間   2017年11月18日(土)
山行形態   ハイキング
天候     曇り
参加者    単独
行程     登山口12:32~無線中継所13:00~青麻山13:40~あけら山13:58~作業道跡14:46~林道15:47~登山口16:05
行動時間   3時間33分
移動距離   8.2km
累積標高差  ±803m



続きはこちら

by torasan-819 | 2017-11-19 00:04 | | Comments(0)
2016年 12月 31日
青麻山(33回目) ~ 2016年12月31日
f0170180_22262448.jpg

2016年の登り納めに青麻山へ。北尾根コースを登り始めたが、右足のふくらはぎに引き攣るような痛みがある。何もした覚えはないので不思議に思う。動けないわけではないので、だましだましゆっくり登ることにする。中止という選択肢もあるが、こういう体の状態での登りを経験してみるのも悪くはない。痛みが増してくるたび何度も立ち止まりながら登る。急登を登り切り山頂に近づくと、なぜか痛みが急速に薄れてきた。何だったのだろうか。約800mの山頂にも雪は僅かしかない。昨シーズン以上の少雪だ。久しぶりに双耳峰のあけら山にも行ってみようとしたが、笹ヤブの水滴で濡れるのでコルの手前で引き返した。山頂から無線中継所の方へ下り、送電線の巡視路を利用して車へと戻る。右足のふくらはぎはいつもと変わらない状態に戻っていた。


山域山名   青麻山(799.5m)
山行期間   2016年12月31日(土)
山行形態   トレーニング登山
天候     曇り
参加者    単独
行程     登山口14:48~山頂15:40~引き返し~山頂15:47~無線中継所16:11~登山口16:30
行動時間   1時間42分
移動距離   4.6km (GPS計測)
累積標高差  ±640m (GPS計測)



by torasan-819 | 2016-12-31 21:32 | | Comments(0)
2016年 06月 19日
青麻山(32回目) ~ 2016年6月18日
f0170180_23145745.jpg
北尾根コースを登った。あまり調子は良くなかったが、結果的にはまずまずのタイム。無線中継所側へと下りたが、途中から当てずっぽうで道を外れて斜面を下った。結果的に登りよりも時間がかかったが、山菜のミズが採れたので良しとしよう。


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2016月6月18日(土)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      晴れ
  参加者    単独
  行程      登山口17:00~青麻山17:40-17:48~登山口18:32
  行動時間   1時間32分
  移動距離   約4.0km
  累積標高差 約±500m



by torasan-819 | 2016-06-19 22:00 | | Comments(2)
2015年 12月 28日
青麻山(31回目) ~ 2015年12月27日
f0170180_20353725.jpg

息子のサッカー試合があり、その送迎があったのだが思いのほか早く終わった(負けた)ので、青麻山に登ることにした。無線中継所から登ると1時間で往復してしまうので、下別当登山口から反時計回りの周回ルートとした。


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2015年12月27日(日)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      曇り
  参加者    単独
  行程      下別当登山口14:50~青麻山15:48-15:57~無線中継所16:24~下別当登山口16:45
  行動時間   1時間55分
  移動距離   4.9km (GPS計測)
  累積標高差 ±610m (GPS計測)



続きはこちら

by torasan-819 | 2015-12-28 07:52 | | Comments(0)
2015年 07月 04日
青麻山(30回目) ~ 2015年7月4日
f0170180_161723.jpg

青麻山はほとんど単独で登っている。しかし、珍しく家にいてヒマそうにしている息子に声をかけたら登ってみるという。中学1年でサッカー部の息子だが、明日は試合だという。無理しないようにと声をかけ歩きだした。青麻山は電波塔からスタートすると、最初は短い急な下りがあり、その後に急登が続く。登って少しすると息子が抜いていいかという。そこそこのペースで登っていたつもりの自分は、えっ、この急登はずっと続くのだぞと言ったが、大丈夫だといいあっさりと抜いていき、たちまち見えなくなった。その後ろ姿を追いかけられる余裕などあるはずもなく、すっかりペースも乱れてしまい、いつもより遅いタイムでゼイゼイと息を荒げて山頂に到着。待っていた息子は余裕の様子でたいして汗もかいていない。自分は小さなザックを担いでいたとはいえ、かなりの差が出た。山の登りならまだ簡単には負けないという、根拠のない思い込みは崩壊した。自分は体力下降中、息子は体力急上昇中だ。嬉しいような何とも複雑な心境ではある。また付き合ってくれるだろうか…


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2015年7月4日(土)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      曇り
  参加者    2人(L:トラ山・息子)
  行程      無線中継所13:47~青麻山14:18-14:25-~無線中継所14:46
  行動時間   59分
  移動距離   約3.4km
  累積標高差 約±370m



by torasan-819 | 2015-07-04 16:17 | | Comments(4)
2015年 07月 03日
青麻山(29回目) ~ 2015年7月2日
f0170180_418325.jpg

今日も仕事が終わってからのひと登り。登り始めると少し足に疲労感がある。一昨日の疲れが残っているのかもしれない。同じコース、同じ斜面を登っているので、その時の体調が自分でよく分かる。青麻山は結構急な登りが続くのだが、その時の体調により、比較的楽に感じたりきつく感じたりする。山頂タッチするとすぐ折り返し。薄暗くなった山道を駆け下る。膝や足首を痛めないために、なるべく柔らかい着地を心がける。登り方や下り方は色々と考え工夫している。目指すのは合理的で効率の良い歩き方であり、同じ速さなら足への負担がより少ない歩き方だ。その結果としてタイムが短縮できれば良いと考えている。理想は「疲れない」あるいは「疲れにくい」歩き方だ。そんな歩き方に少しでも近づきたい。しかし、これがなかなか難しい。


  山域山名   青麻山(799.5m)
  山行期間   2015年7月2日(木)
  山行形態   トレーニング登山
  天候      晴れ
  参加者    単独
  行程      無線中継所18:31~青麻山19:01~無線中継所19:18
  行動時間   47分
  移動距離   約3.4km
  累積標高差 約±370m



by torasan-819 | 2015-07-03 04:46 | | Comments(0)